« リール遍歴 〜TD-Z以降・その1〜 | トップページ | 何で今まで持ってなかったのかと »

2009年4月14日 (火)

リール遍歴 〜TD-Z以降・その2〜

右ハンドルに戻そうとして、結局失敗したワタシ。
TD-Zのレフトハンドルはもう新品では手に入らないし、
中古も高止まりで(当時は)タマ数が少ないし。。。
と思ってたところに、なんと新星出現。

“T.D.Zillion”

初代TD-Z MLを踏襲した様なフォルムに、100番クラスのラインキャパ。
とりあえずハートを掴まれて、100HLを買ってみました(ぇ

使ってみると1/2ozあたりのプラグが充分な距離キャスト出来まして。
もう、ハードルアーに関しては以前のTDより投げやすかった。

ところが。
ラバジのピッチングとなると、その性格が一変。
使うジグが3/8oz以下になると、途端に扱いづらさが増した。
スプールが重いせいで、思うように糸が出て行かない。
巻き物用に作ったと言うメーカーの売り文句を、
図らずも実証するカタチとなりまして。
使い辛いところをムリに合わせる様な釣りはしたくなかったので、
しばらくはラバジを使うのを止めたくらい。

しばらくしてロングキャストに特化した派生モデルの、
HLCも出たのでコイツも試してみました。
ノーマルよりも軽い専用スプールを搭載との事だったので、
スプールの軽さ故にピッチングしやすいかと思ったんですが。

…今度はマグZの味付けがロングキャスト向けだった(泣)

ギアの滑らかさとボディのかっちり感は申し分なかったのですが、
いくら締めてもストンとルアーが落ちるキャスコンに象徴されるように、
善くも悪くもロングキャストスペシャルでした。。。

とても良いリールだったのに、ちょっと惜しかった。

そして再び悩んだ末、
10年ぶり(多分)のシマノへの乗換を決意してみるのでした。。。

Zillion100hl_2 Hlc100hl_2

|

« リール遍歴 〜TD-Z以降・その1〜 | トップページ | 何で今まで持ってなかったのかと »

ブラックバス」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/44672028

この記事へのトラックバック一覧です: リール遍歴 〜TD-Z以降・その2〜:

« リール遍歴 〜TD-Z以降・その1〜 | トップページ | 何で今まで持ってなかったのかと »