« シンキングペンシル。 | トップページ | なんじゃこりゃ(・ω・;)へ »

2009年6月 6日 (土)

消えたシャッドラップ。

Cdsr

オフセットリップを装着してるので、
一見普通のシャローシャッドラップ(以下SSR)に見えるこの2匹。
実はSSRじゃないんですね。
コイツらは、今は廃盤になってしまったCDSR-7/8。
名前からして分かりやすい、沈むシャッドラップ。
バルサ製ラパラにしては珍しく短命で終わってしまったモデルなんです。

過去のバルサ製ラパラの廃盤モデルと言えば、古くは金属リップを持ったDD、
最近ではRR(リストラップ)やSFR-5/7、H-13が有名でしょうか。
(SFRは日本限定で復刻したもののまた廃盤、H-13はつい最近復刻)
FやCD、SRが発売から何十年と世界中で売られ続けているのを考えると、
発売後ほんの数年かそこらで廃盤とは、ラパラではかなり異例じゃないでしょうか。
先のSFRやH-13でさえ、私が知る限り少なくとも10年以上は売られてましたから。

日本ではウェイトがあって飛距離が出せるという売り文句で、
主にシーバス用として売り出されていたと記憶しています。
それぞれのウェイトは以下の画像を参照。

Cdsr7

Cdsr8

実際に投げてみると、ナイロン20lb+66MHのベイトタックルでもまずまず飛びます。
CDSR-7で20mは超えますか。CDSR-8はもうちょい出たかな。
小水路などの近距離戦で使うには、必要充分な飛距離ですね。
カウントダウンとあるので結構なスピードで沈むのかと思いきや、
水平姿勢のままで、言葉通りのスローフォーリング。
しかも、どちらも腹のフックをつけて水底で立つんですよ。

Cdsr7_bottom

Cdsr8_bottom

実際はこの様にボトムまで沈める使い方はあまりしないと思いますが、
フックをダブルフックに交換するなどして、
ボトム付近をスローリトリーブという手も充分アリでしょうね。
使い手次第で表層からボトムまでいろんな攻め方が出来そうです。

ある時ふと気づいたんですけど、CDSR-8のリップに“SSR-9”のネームが入ってまして。Cdsr8_lip

これはもう見た通りそのまま流用してると思うんですが、
重量増で鈍くなった動きをカバーするため、大きめのリップをつけたんでしょうか。
今となっては知る術はないのですが、興味深い点ではありますね。

|

« シンキングペンシル。 | トップページ | なんじゃこりゃ(・ω・;)へ »

ブラックバス」カテゴリの記事

ラパラ」カテゴリの記事

ルアー」カテゴリの記事

比較・研究」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
SSR、CDSRともに自分の溺愛ルアーの一つです
最近は中古ショップで購入することが多いのですが、中古品だとSSRなのか、CDSRなのか見分けがつかなくて困ってます(使っているリップも同じですし)
このオフセットクランクリップは、人によっては好き嫌いが分かれそうですね

投稿: 釣りキチ万博 | 2009年6月 6日 (土) 22:47

>万博さん
こんばんはm(__)m
私は手に持ったときの重みで判断してます。
SSR-7/8とCDSR-7/8では3gの差があり、
CDSRは内蔵ウェイトがベリーの最下部にあるので、
ベリー部を下にして手の上で重心を確かめます。
でも、最小の5cmや袋入りだと少し分かりづらいですかねー。

で。
このリップ、個人的には好みですね(・ω・)へ

投稿: U-dutch | 2009年6月 7日 (日) 00:20

こんばんは!またひとつ勉強になりました。
でも中古屋での判別に慣れるまでちょっと時間がかかりそうです。

投稿: とびっく | 2009年6月 7日 (日) 21:40

>とびっくさん
こんばんは!
お腹にウェイトが仕込まれてるので、
手に取るとすぐ腹を下にする感じなのです。
SSRだとノーウェイトなので、
軽い木片をそのまま持ってる感触なんですが。

分かりづらくてスミマセン(^^;)へ

投稿: U-dutch | 2009年6月 7日 (日) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/45257229

この記事へのトラックバック一覧です: 消えたシャッドラップ。:

« シンキングペンシル。 | トップページ | なんじゃこりゃ(・ω・;)へ »