« 目からウロコの2枚。 | トップページ | 2個目は箱入り(笑) »

2009年8月26日 (水)

リールもOEMの時代なのか?【加筆】

「海の向こうで売られてるリールって、どんなのかいな?」
って具合で海外(主にアメリカ)のリテールストアのHPでも、
リールのページを真っ先に物色するワタシ。

ある時、ふと気づいたんだけど。
違うメーカーで違うモデルなのに、明らかに筐体がほぼ同じものがある。
キャベラズやバスプロショップスのブランドでは、
ダイワやリョービのOEMは今でも見かけるけど、
メーカーが違うのに同じリールってのが今までに無かったから、
ちょいと奇異に感じたのね。
ま、論より証拠。画像をご覧あれ(・ω・)/

まずはクアンタムのコード(Quantum Code)↓

Qcdr_5

続いてオクマのセラノ(Okuma Serrano)↓

Oscr_4

さらに千夜釣行でお馴染みだったピナクルも↓

Pinnacle


画像は見つからなかったけど、あのスズミ(!)もゼウスの名前で、
コードと同じ筐体を使ったモデルを売ってました。
(上州屋店頭にてチェック済み)
ダイワやシマノ、アブでは見かけないこの筐体。
なんかどっかで見たことがあった気が。。。

…はい。日本のメーカーでありましたよ。
この手の廉価なリールを作ってるところ。

プロックス(PROX)。

Vbcx100hl

ポパイロッドのコンボでこいつらを見た人もいるかと思います。

Vbc1100hl

もしかしてココが供給元なんでしょうか。
このメーカー、現在ではドイツのダム・クイックも製造してるし、
ココが一番怪しいんですが(笑)。

どなたかご存知ありません?

|

« 目からウロコの2枚。 | トップページ | 2個目は箱入り(笑) »

OEM」カテゴリの記事

ブラックバス」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

比較・研究」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

ピナクルってまだ存在してたんですね!(笑)
しかもコイツはかなり気合い入った出来映えですな!
供給元はピナクルに間違いない??(^-^)b


ところで、

ボクが初めて買った円形リールはピナクルビジョンとかいうヤツでしたよ!(笑)
千夜釣行もまだやってるんですか??
ケン・スズキも相変わらずですかね(^-^)b


投稿: anq | 2009年8月26日 (水) 12:51

こんばんは。ご無沙汰しています

おそらくですが、プロックス(PROX)、エイテック、
ABUやクアンタムの廉価版モデルは、
オクマがOEMを行なっていると思います
オクマ自体、元々国産二大メーカーの下請けから始まったメーカーですし

自分もエイテックのベイトリール(トリニス100)を持っているのですが、
スプール及びブレーキシステムが、
まんまABUから昔出ていた「2005LP」のものを流用していて、
驚いたことがあります

チープタックル列伝『エイテック(アルファタックル)/トリニス100Hi』
http://rapalafan7240.blog121.fc2.com/blog-entry-286.html

投稿: 釣りキチ万博 | 2009年8月26日 (水) 20:00

>anqさん
ヴィジョンをお使いだったとは、シブい(のか?)
ケンスズキもケンクラフトも千夜釣行も、
今では影もカタチもございません。
ケンクラものはワゴンでも見かけないですし。
ケンスズキはJ州屋の役員らしいですが。
社長の息子だしね。。。

投稿: U-dutch | 2009年8月26日 (水) 22:41

>万博さん
ご無沙汰ですm(__)m
オクマはDとSの下請けだったんですか。
それは知らなかった!(・oノ)ノ
そんな経緯で技術を培ったのであれば、
このメーカーの現在の隆盛も納得です。
世界中に供給してても、全く不思議じゃありませんね。

ご紹介いただいた記事、
当時じっくり拝見させていただきました。
オイルやグリスの使い方に、関心しきりでした(笑)

投稿: U-dutch | 2009年8月26日 (水) 22:54

>オクマはDとSの下請けだったんですか。
元々は下請けメーカーだったという話です

オクマに関しての追加情報です

台湾のメーカーで、トローリング用リールメーカーとしては
海外ではかなり有名。下手すると国産二大メーカーよりも、
ある意味メジャーなメーカー(国産二大メーカーのリールは、
他メーカーと比較して海外では高価なため、なかなか庶民には
手を出しにくい代物)。
近年はスピニングリールに力を入れており、
EOSという独自のオシレートシステムを搭載したモデルを、
いくつも市場に送り出している。
ただ、悲しいかな生産自体は国産メーカーのエントリーモデルと
同じく、中国で行なわれているため、
品質にかなりバラツキがあるのが実情。
オクマ製品共通の特徴としては、重いグリスを使っており、
ハンドルの回転が重く、サイズが国産リールと比較して
一回り大きく(そのため重い)、表面処理が甘いという
ありがたくない特徴があります(笑)

投稿: 釣りキチ万博 | 2009年8月27日 (木) 00:04

>万博さん
スゴっ(゚▽゚*)
オクマの詳細情報ありがとうございますm(__)m
スピニングを買う際には、ぜひ参考にさせていただきます。

…もしかしてイジリ甲斐のあるメーカーなのかな。。。

投稿: U-dutch | 2009年8月27日 (木) 00:37

PROXは色だけTYPE-Rですね(笑)
最近、フルーガーが現代風になって輸入されたりしてますけど、
中身はやっぱり国産にはかなわないんでしょうね・・・
ってかあんなピカピカのフルーガー見せられても、
全然購買意欲沸きませんけど。
大先生ご推薦のスピニングもどうなんだか。

投稿: tei-g | 2009年8月29日 (土) 22:02

>tei-gさん
あ、ホントだ!Type-Rだ(笑)
フルーガーの新機種、恐らくレボの兄弟モデルだと思います。
外観はもとより、フレームワークとかクリソツですもん。
ブレーキこそ違いますが、このブレーキシステムだって、
昔SM3000Cで積んでたヤツの現代版でしょうから。

…個人的にはスピニングも、推して知るべしかと思います。

投稿: U-dutch | 2009年8月29日 (土) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/46031610

この記事へのトラックバック一覧です: リールもOEMの時代なのか?【加筆】:

« 目からウロコの2枚。 | トップページ | 2個目は箱入り(笑) »