« 釣り行けない時にモノって増えるワケで(笑) | トップページ | 基本的に細身が好みだが、ちょいデカも捨てがたい »

2009年10月31日 (土)

いいねぇ、F-0のニオイ(σ・∀・)σ

直前の記事でもサラッと触れてますが、引越しましてね。
ガラッと変わった生活リズムや各種手続き等の雑事のおかげで、
この一週間はあっという間だったのねー。
ようやっと今日、のんびりする時間が出来たので、
リールを1台バラして遊んでみましたの。
またしばらく釣りに行けないけど(今年はこんなのばかり・笑)、
こうすることでモチベーションをキープする意味もあるし。

今回のブツは、引越前に中古価格2100円で購入したキャスプロメタルT300L。

Before

Side_a

見た目はほとんどキズも無く、いじった感じも悪くはなさそう。
だ・け・ど。
バラしながら各パーツをじっくり見ると、コレ、やっぱり値段なりだね。
実際に使ってた旧リョービ製のF300LFと、パーツの質感・精度が段違い。
リョービが上州屋に釣具事業を売却後に出したリールだから、まぁ仕方ないけど。
コスパからすると充分だとは思うし、2000円少々のリールに多くを求めても。。。

Dismantled_2

で、今回は外せるものを外してほぼ全バラシ状態。
見た目とは裏腹に内部は意外と汚れてますた。

Gear

パーツクリーナーと歯ブラシで各部をキレイに。
〆にF-0と沢村さんちのグリスでラブリケア後、組み上げて終了。

Finish

メンテ前より、スプールの回転が若干スムーズになったかな。
しっかりケアしたんだから、存分に働いてもらおうか(笑)

P.S.
●このリール、メイドインコリアだった…orz

Foot00

Foot

各パーツの精度は大丈夫か?
フット部分の肉抜きの穴にはバリがあるんだけど…(´・ω・`)
●ブレーキ部分の接写

Mag_brk

Cent_brk

「マグと遠心の併用によるスムーズなキャストが売り」らしいのだが、
十数年前にアブがSM3000Cですでに採用してた機構。
SM3000Cを実際使ってたけど、マグブレーキだけで間に合ってたんだが。。。

|

« 釣り行けない時にモノって増えるワケで(笑) | トップページ | 基本的に細身が好みだが、ちょいデカも捨てがたい »

ブラックバス」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

メンテナンス・整備」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

リールいぢり」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

このベイトリールですがおそらく
ケンクラフトから、かつて発売されていた
『マグナスEX』というリールをベースに
ブレーキ廻りの仕様とカラーリングを変えただけの
ベイトリールだと思うので、リョービ純正の
ベイトリールと性能を比較するのは、酷だと思います(^_^;)


スピニングリールでも『ザウバー』という
リョービブランド名のリールがありますが
これもかつてケンクラフトから発売されていた
『エクシア』『ゼスター』というリールの
パーツを流用している形跡が見受けられます

投稿: 釣りキチ万博 | 2009年11月 1日 (日) 01:35

>万博さん
ケンクラのマグナス!?
あ、だからどっかで見た様な姿カタチだったんだ。
単にリョービを継承してるんじゃなくて、
ケンクラ製品の品質底上げの意味もあったんですかねー。

なるほど、それじゃ旧リョービ製が可哀相(´・ω・`)

リョービの名を借りたケンクラ。
……ちょっと哀すぃ( ´;ω;`)ブワッ

投稿: U-dutch | 2009年11月 1日 (日) 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/46636165

この記事へのトラックバック一覧です: いいねぇ、F-0のニオイ(σ・∀・)σ:

« 釣り行けない時にモノって増えるワケで(笑) | トップページ | 基本的に細身が好みだが、ちょいデカも捨てがたい »