« フィッシングショー放言記(?)・第1部 | トップページ | 2010年、一発目 »

2010年2月26日 (金)

フィッシングショー放言記(?)・第2部

あら、間が空いちゃいましたね。
何事もなかったように続けて行きましょう(笑)

シマノの次はピュアフィッシングのブースで、
アブガルシアのニューモデルを物色。
(フルーガーはコイツのOEMなのでスルーしといた)
なんだけど。

10021349

クランキンモデルとかジギングモデルとか、
レボエリの派生モデル中心でここも目新しさなし。
展示見本というのを割り引いても、回した時の感触は良くもなく悪くもなく。
スプールもハンドルも確かに良く回るんだけど、「軽い」印象しか残らない。
シマノやダイワのミドル〜ハイエンド使ってきた経験からしたら、
この軽さが怖くて使う気になれないと言うか。
感度優先の軽い作りの日本製バスロッドが怖くて使えないのと同質。
コンセプトモデルも展示してあったけど、こっちは丸形だし。

10021350

結局何がしたいん?

さて。
お次はグローブライド(DAIWA)。
まずは今回の目玉のひとつ、DAIWA-Z。

10021328

実物は言われてたほどカッコ悪くもなく、単体でもさほど重く感じなかった。
回すとシルキーで、さすがリアルフォー、カッチリしっかりのスムースネス。
パーミングするとやはりロープロ、違和感なくスッと握れる。
個人的には、より低く収まる握り具合で、
ジリオンPEよりパーミングの感触はこちらのが良いかも。
ただ、マグフォース3Dはあまり必要性を感じない。
RYOGAに搭載の20段マグZで、実釣において不自由はないと思う。
あと、左ハンドル発売の予定は全くないと担当者が断言してた。
しつこく聞いたからホントだと思うけど、左が同時発売なら食指が動いたのに。
ブレーキといい右ハンドルモデルのみの設定といい、惜し過ぎる(笑)

続けて、もうひとつの目玉のRYOGA1000番。

10021335

2000番のダウンサイズモデルだけに、コンパクトさがパッと見ても分かる。
しっかり手に収まるし、パーミングの感触もなかなか良かった。
が、コンパクトな割にサムレストとの高低差が大きいのか、
ピッチングにはクラッチの位置がちょっと低い感じがした。

10021337

ラインキャパも手持ちのリールと被るし、今のところは必要ないか。。。
またしても、実に惜しい(苦笑)

お次は最近流行りのベイトフィネスのきっかけとなった(のか?)Pixyの後継機種、
PX68(今思うとなんかそのままのネーミングだわ・笑)。

10021340

実はあまり気にかけてなかったので何気に触って、ちょいビックリ。
リアルフォーじゃないけどシルキーで、筐体もカッチリしてるし。
特にどこかがスゴいってワケじゃないとは思うんだけど、
いじってて何だか一番魅かれたのがコイツ。
今回いじったリールで唯一、「欲しいかも」って思った存在。

10021344


今年は時間が限られてたのでベイトリールに絞ったけど、大きな目玉が不在だった。
DAIWAはリアルフォー、シマノはDCを中心に据えていたのも去年と一緒だし。
新製品も派生モデルとかマイナーチェンジの延長線って印象でした。
入場者も昨年よりは多かったそうだけど、それでも一時に較べると空いてるな、と。
そう考えるとフィッシングショーって、
本当に釣りが好きな人だけが来るイベントになりつつあるのかも。
もしそうなら、この催しがモーターショーみたいに、
もっと地に足の着いたイベントになってくれればいいかなぁ。

|

« フィッシングショー放言記(?)・第1部 | トップページ | 2010年、一発目 »

お出かけ」カテゴリの記事

インプレ?」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(・∀・)ノ     リョーガの小さい版は個人的にイイ感じに見えました。でもピクシーの後継機も良さそうですね、私的にちょっと小ぶりなベイトリールが好きなもんで。しかし左巻き設定無しのモデルがあるとは…残念。

投稿: とびっく | 2010年2月27日 (土) 22:35

>とびっくさん
PXは使い方次第で結構面白そうです。
個人的にはPE♯1を巻いて、
3/16〜1/4ozの巻きモノ用かなぁ|∀・)

投稿: U-dutch | 2010年2月28日 (日) 01:44

おはようございます
自分はベイトリールは頑なに右ハンドル派なので、左ハンドルってあまり必要性を感じないんですよね
もっとも主戦場をソルトに移してからは、ベイトリール自体、あまり使わなくなってしまいましたが…
(未だにコレといったソルトゲーム向けのエコノミーモデルベイトリールがないのが理由)
しかしピュアフィッシングは、新型ロープロタイプベイトリールに関しては、国産二大メーカーの模倣品ばかりで、相変わらず迷走してますね
同じ土俵で勝負しても、もはや値段以外で勝ち目はないと思うのですが
アブでしか出せないメリットを追求すればいいのに…

投稿: ばんぱく | 2010年2月28日 (日) 09:29

>ばんぱくさん
ピュアフィッシングはそこそこのものを幅広くたくさん売る、
という経営方針なのでしょうね。
いかにも消費が是の米国企業らしい(笑)
本国でもダイワとシマノがなぜ(高いのに)売れているのか、
充分過ぎるくらい分かってるでしょうから、
この方針なんだとは思いますが…。
アブの「売り」を見誤ってるな、とは個人的にも思いますね。

投稿: U-dutch | 2010年2月28日 (日) 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/47671259

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシングショー放言記(?)・第2部:

« フィッシングショー放言記(?)・第1部 | トップページ | 2010年、一発目 »