« だからあれほど気を抜(ry | トップページ | ほぼ毎年恒例の行事 »

2010年2月11日 (木)

左巻きの記念碑。

■TD-X105HiL■

Hil01

先日ギル神田店でショーケースの奥にひっそり佇んでいたので、
懐かしさと1050円という値段(;・∀・)に絆され、思わず連れ帰っちゃいました。

出た当時にコイツの103をソッコー買いましてね。
左右使い分けの宣伝文句にウマく釣られて(笑)使い始めたのだけど、
その手に馴染んだ時の使い心地は、ホントに良かった。
というより、「カラダに合っていた」と表現した方が正確かなぁ。

Hil00

コレをきっかけにして結局TD-Zまでの約10年を、
グリッピングコンセプトとお付き合いする羽目になるワケですが。
唯一コイツで不満だったのは、レベルワインダーのブリッジ(って言うのか?)。

Hil02

見た目がスマートじゃないのはもちろん、それはそれはメンテしづらかった(笑)
チャレンジングなのは良かったんだけど、機能を追求しすぎてやりすぎちゃった感が(;´Д⊂

まぁそのおかげで、メンテナンスに関してはコイツに鍛えられたかも(爆)

さて、お持ち帰り後。
中古リールのお約束、全部バラしてお掃除&ラブリケア。
結構汚れがキツかったのと、組み上げ順を思い出すのに時間がかかったけど、
無事キレイになって元の姿へ。
スプールの回転も今のリールには及ばないけど、
ギアの異音はないし実釣にも必要充分でしょう。

Hil03

当時と現在では、使った印象にどんな差があるのだろうか。
時間が取れた時にインプレしてみますー。

|

« だからあれほど気を抜(ry | トップページ | ほぼ毎年恒例の行事 »

お買い物」カテゴリの記事

ブラックバス」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(・∀・)ノ     私も左巻きを初めて手にした時は「コレだ!」って思いました。初めて買ったベイトリールはロッドとのセット物だったんですけどなんか使いづらいなぁ左巻きってないのか?(右巻き、左巻きがあるのすら知らない初心者でした(笑))って思いましたもの。    右巻きにはたぶん戻れませんね、中古だと圧倒的に右巻きが多くあるんですよねコレの左巻きがあればねぇと思うことが多々あります

投稿: とびっく | 2010年2月11日 (木) 22:19

>とびっくさん
私はTD-X以降、全部左になっちゃいましたね。
おかげで今では右ハンの巻き方が不自然で(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

中古リールは確かに右ハンばかりですね。
思ったほど左って需要がないのでしょうか。
私も探す時はいつもひと苦労です(´・ω・`)

投稿: U-dutch | 2010年2月12日 (金) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/47540847

この記事へのトラックバック一覧です: 左巻きの記念碑。:

« だからあれほど気を抜(ry | トップページ | ほぼ毎年恒例の行事 »