« フラットラップFLR-10をゲトしますた | トップページ | フィッシングショー放言記(?)・第2部 »

2010年2月20日 (土)

フィッシングショー放言記(?)・第1部

少々間が開いてしまいましたが、ボチボチ行ってみましょうか。
今年のフィッシングショー当日(2/13)は雪だったにもかかわらず、
思ったより来場者は多かった印象でした。
それでも一時のブームよりは、遥かにすいてましたけど(哀)

出がけのアクシデントもあって、予定の10時より30分ほど遅れて到着。
入場するや否や今回唯一の外せないイベント、
ヒロ内藤さんのセミナーを聴くべくオフトのブースへ。

10021301

今年のルアーの話はスピナベとペンシルポッパーでしたね(詳細は割愛)。
聴き終わった途端に、ブーヤのパイキーを買う気になってた自分。 ← 影響されすぎ(爆)
終了後に展示物を見ようとブースの入口付近に行き、
何やら背後で聞いたことある声がしたのでふと振り向けば。
なんと、当ブログに度々コメントをいただくマイミク(笑)のバッス吉さんが!
そういえば、昨年はフォルテさんと私と一緒に来ましたね。
しばらくぶりのご挨拶に加えしばしコトバを交わした後、
別のマイミクさんとご一緒だったこともあり、その場でお別れしました。

当日は他にも予定があったせいであまり長居出来なかったので、
大半の時間をベイトキャスティングリールいじりに費やしました。
国産ロッドも触れはしましたが、正直コレと言った感想は持ち得ませんでしたね。
どいつもこいつも軽いだけで折れそうだし、ガイドフット部分の造作なんか、
とても数万円するロッドのそれじゃなかったのは相変わらず。
スレッドをケチってフットの根元丸見えで、樹脂を盛ってくっつけてる様なの大杉。
もっとヒドいと、樹脂すらケチってフットとスレッドの間に隙間があったり。。。
こういう細かい部分においてさえ、アメリカンロッドの方がまず安心。
どの価格帯のロッドでも、まずこの部分はしっかり作ってありますから。
(あくまで私の経験則ですが。どんなものにも個体差はありますけれど)

おっと、脱線。

まず最初に触ったのはシマノのリール群。

10021312

新しいカルコンDCを前面に出してたけど、新鮮味がなかったなぁ。
いいリールだとは思うんだけど、実売4万円前後なら購入を考えるかな。
個人的にブースの人集りを見たところでは、
スコ1000XTの方が注目されてた感じがした。

10021313

シマノのミドルグレードは、昨年の1500XTもそうだけど、ホントいいね。
回転の滑らかさ、全体のカッチリした感じ、値段。
このバランスがスゴくイイと思う。コスパは圧倒的にナンバーワンじゃないかな。
まさに
“キラーリール”って言うコトバ(ってあったっけ?)がしっくり来る。
そこを踏まえて言うと、アメニスタは正直いらないと思う。

10021314

もう少し頑張れば、XT買えちゃう様な価格設定だし。。。
アルデバランは出来の良いTD-Zって感じ。

10021315

元TD-Zユーザーとしては、特に軽い以外の感想はございません(笑)
メタMgDCは位置づけが宙ぶらりんで、さほど魅力を感じないかな。

10021316

DCブレーキがマグフォースみたくどのグレードにも搭載されてるなら、
重さとかボディ形状で選ぶコトはあるだろうけどね。
SVSのメタMgもあるのにDCモデルも併売って、却ってユーザーを混乱させてないか?
最近のシマノのベイトキャスティングは、出るモデルが被りすぎだと思う。

ちなみに、他のDC搭載リールとコンクはいじってません。
コンクの良さは体感してるし、他の既存モデルも以前と変わってないですし。

あら。
ちょいと長くなりましたので、続きはまた後日(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

|

« フラットラップFLR-10をゲトしますた | トップページ | フィッシングショー放言記(?)・第2部 »

お出かけ」カテゴリの記事

インプレ?」カテゴリの記事

ベイトキャスティングリール」カテゴリの記事

リール」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

おお・・・
あれから1年、早いもんだ(笑)

相変わらずロッドやリールの話になるとさっぱりで・・・
違いもわからんから、触ることもないな・・・(笑)

リール買うときは教えてくださいねー

投稿: フォルテ | 2010年2月21日 (日) 18:08

>フォルテさん
お久しぶり〜(*゚▽゚)ノ

違いが分からないのは、ある意味幸せかと。
余計なコトを気にせず済むじゃないですか。
で、釣りに集中出来る→釣れる、と。

あ、最近はmixiもほとんど入らないので、
千一夜コミュ事情なんかてんで分かりません(笑)

偏ったアドバイスなら、いくらでも(爆) >リール

投稿: U-dutch | 2010年2月21日 (日) 19:47

どーもです
ほんと偶然でしたね~(^^)
久しぶりだったんで
時間があれば是非ご一緒したかったです
MIXIにあれからのその後をUPしたますので
お越しくださいませ♪

投稿: バッス吉 | 2010年2月21日 (日) 21:41

国産メーカーのロッドは確かに高すぎますね。一部、シマノの一部とノリオのところに興味のあるものもありますが。ベイトリールは俄然、シマノですね。ダイワは変な方向に行きかけてる気が・・・。

投稿: tei-g | 2010年2月22日 (月) 13:03

>バッス吉さん
どもども。
類は友を呼ぶというんでしょうか。
それとも赤い糸で■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

…またお時間のある時にでもm(__)m

mixi日記は後ほど伺いますー♪

投稿: U-dutch | 2010年2月22日 (月) 21:38

>tei-gさん
ワールドシャウラ触りたかったんですけど、
ヅラ田さんのセミナー観客が多過ぎて、
展示場所に行けませんでした(´・ω・`)ショボーン

ダイワもシマノもどう持って行きたいのか、
個人的にはいまいちピンと来ません。

シマノは幅拡げ過ぎ。
ダイワは質実剛健のコンセプトを押し進めれば良いのに、
どこかで独自色入れないと気が済まないみたいだし。。。

投稿: U-dutch | 2010年2月22日 (月) 21:48

こんばんは(・∀・)ノ     フムフム、各社色々出してるんですね、しかしなんか似たり寄ったりな感じが(汗)シマノが嫌いな訳ではないんですがどれを主力機種としてるんでしょ(・・?)

投稿: とびっく | 2010年2月22日 (月) 23:19

>とびっくさん
こんばんは(・ω・)/
シマノのモデル構成、かつてのダイワを彷彿とさせます。
ちょっとした仕様の差しかないモデルばかりのラインナップ。
シマノはDC出す前のモデル構成のが、良かったと思います。

今の主力機種。
実質的にXT、コンク、メタMgあたりなんじゃ?
売りたいのはDC搭載モデルなんでしょうけど。。。

投稿: U-dutch | 2010年2月23日 (火) 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/47619366

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシングショー放言記(?)・第1部:

« フラットラップFLR-10をゲトしますた | トップページ | フィッシングショー放言記(?)・第2部 »