« 箸休め的(?)ルアーネタ2つ | トップページ | ツヤの上塗り »

2010年4月19日 (月)

ルーミスじゃないルーミス

66Mな巻物用のロッドが欲しくて探していたところ、
米西海岸のTackle Warehouse(タックルウェアハウス、以下TW)にそそられるブツが。
$99.99の値札に釣られて一本注文してみた。
メーカーはテンプルフォークアウトフィッターズ(以下TFO)。
モデルはTFG FWC 664-1【Line Wt: 6-12 lbs. Lure Wt: 1/4-3/4oz.】

Tfglc

TFOは伝説のフライフィッシャー、レフティー・クレーをロッドデザイナーに擁する、
フライロッド中心のロッドメーカーだそうです。
また、ハイクオリティ&ハイコストパフォーマンスで、
巷間のフライフィッシャーにはその名を良く知られている様ですね。
で、何でそそられたかと言うと。
G.Loomisの創業者でやはり伝説的ロッドデザイナーのゲイリー・ルーミス監修で、
彼の名を冠したシグネイチャモデルのキャスティングロッドを造った、と。
かつてGLXを手にしてその良さを強烈に体感した身としては、
「ルーミスが手がけたルーミスじゃないロッド」に非常に興味が湧いたのですな。
しかも値段が約1/4だし。

TWの商品ページの説明に依ると、ラインガイドはSiCとのこと。
見た目がゴールドだから、一時よく見たゴールドサーメットかと思いましたが。
Fujiの表記がないところを見ると、パシフィックベイ社のメッキものなんでしょーか?

Tfo_guides

こんな金色のガイドがトップ〜バットまで10個付いてます。

Tfo_bguide

ちょいと多過ぎジャマイカなんて思いましたが、
手持ちのセントクロイEC-66MHと数が同じでした(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ


リールシートはこれもFujiのECSシートっぽいブランクタッチのタイプ。
で、リールを載せる時に気づいたこと。

Tfo_reel00

リールフットが入るスペースが必要最小限しかないの。
画像のジリオンも先にスクリュー側にフット前部を差し込んでから、
フット後部を嵌め込んで取り付ける感じでした。
(と言ってもチカラで押し込む程キッチキチじゃないんですが)
最近のコンパクトなリールしか載りませんね、きっと(・∀・;)


グリップは最近のトレンドのスプリットタイプ↓

Tfo_handle

フォア、リア、エンド全て両端にハイカコルクを配し、破損対策も万全。
ちなみにロッドの重さは130gキッカリ。

T40Xと較べて、同じ66でもこんだけフォアグリップの位置が違う。

Tfo_rods

長さにして10センチ(4インチ)程あるかな。
有効ブランク長は、7フィートクラスって感じでしょうか。

実際の使用はGW前後辺りに予定してる釣行の時になりそうなのですが、
とりあえず近所でピッチングの試投だけしてきました。

Tfo_reel

普段使っているT40Xと較べて遥かにエルゴノミックなグリップのため、
初めは指の置き場に戸惑いましたが、トリガー前ワンフィンガーが一番しっくり来ました。
軽くて張りがあるけど、国産ロッドにありがちなピンピンじゃありません。
ウェイトが乗った分、きっちり曲がる感じでしょうか。
また、スプリットグリップでバットエンドの部分がバランサーの役目をしてるせいか、
持ち重りもさほどなく投げやすかった感じがしました。
この辺は、思い込みかもしれませんけれど。

試投後の感想は、軽〜中量級の巻物中心のオールマイティって印象。
早いところ、魚を掛けてみたいっ!って思わせてくれるロッドでした(≧∇≦)b

|

« 箸休め的(?)ルアーネタ2つ | トップページ | ツヤの上塗り »

お買い物」カテゴリの記事

インプレ?」カテゴリの記事

タックルウェアハウス」カテゴリの記事

ブラックバス」カテゴリの記事

ロッド」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

このメーカーは初見です。
ルーミスが手がけたとなれば、そりゃ触手も動きますね。ただ最近流行りのセパレートグリップが個人的には好きになれず・・・。

これ送料はおいくらかかりますの?(←結構、本気です)

投稿: tei-g | 2010年4月19日 (月) 08:58

>tei-gさん
最近のロッドはこのグリップが多いですけど、
好みが別れますよねー。
グリップ覆う材料が少ない分、
若干の軽量化に貢献している様ですが。

送料は$36でした。
今回のお取り寄せ一本の額は99.99+36=$135.99。
ワタシが注文した際のレートが$1=約96円だったので、
日本円にしてコミコミで約13000円でした。

投稿: U-dutch | 2010年4月19日 (月) 09:48

ゲーリーさんは他にも色々作ってるみたいですね。ウロ覚えですが、番手によってセパレートグリップの色が違うのがあったような。。。

投稿: anq | 2010年4月20日 (火) 05:23

>anqさん
さっきTWのHPで見たら、おっしゃる通りでした。
硬くなるに連れ、
グリップ部分のブランクの色が濃くなってますね。
リーズナブルなのに、細かいところも気が利いてて感心。

投稿: U-dutch | 2010年4月20日 (火) 23:28

案外、安いんですね送料。昔、ヤフオクで竿買って佐川で送られてきたら同じぐらい取られて相当凹んだ覚えが・・・。しかし、現物を触らずにオーダーする勇気がいまひとつ。長くて強いスピニングがほしいんですけどね・・・。

投稿: tei-g | 2010年4月21日 (水) 21:12

>tei-gさん
送料、オーダーの際は少しドキドキでした(笑)

現物を直接確かめられないっていうのは、
通販の唯一にして最大の難点ですよね。
自分もロッドを海外通販したのは初めてだったんですが、
アメ竿のテキトーな部分にかけてみました。

…結果オーライってトコロです(爆)

投稿: U-dutch | 2010年4月22日 (木) 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/48124290

この記事へのトラックバック一覧です: ルーミスじゃないルーミス:

« 箸休め的(?)ルアーネタ2つ | トップページ | ツヤの上塗り »