« ルアーフリーク誌のウグイ将軍、好きでした | トップページ | 秋めく。 »

2010年9月29日 (水)

夏休みを境に変わっちゃうコっていたよね

4月のエントリーでお披露目したTFOのFWC664-1。
しばらく前のTackle Tourでインプレされてたのだけど、
自分の持ってるヤツと造りがかなり違ってて笑っちゃいました。

論より証拠、画像で見てみましょうかね。
(上がTTのインプレ、下がブログ主の所持品の画像)
↓まずはネーム。

Buttontfoswc664101

Name

↓次にスプリットグリップのブランク部分。

Buttontfoswc664105

Split

ここまではスレッド以外は一緒。

ここから先は同じモデルとは思えない変わりっぷり。
↓まずはブランク全体。ガイドの色に注目(少々分かり難いか?)

Buttontfoswc664111

Rod

↓次にラインガイドの接写。リングのみならずスレッドの色まで全く違う!!(゚ロ゚屮)屮

Buttontfoswc664110

Ring

最後にリールシート。
↓横から。シェイプ違うじゃん。。。

Buttontfoswc664103

Grip01

↓下から。ブランクにタッチ出来るタイプじゃないのかよ!?

Buttontfoswc664104

Grip02

コレもアメ竿のリスクと言えばそれまでなんだろうけど、
ちょい酷過ぎだろ、オイィヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

以前、碑文谷の店長から
「アメ物はいい加減で、指定しても仕様を勝手に変えちゃうから」
なんて主旨の言葉を聞いたことがある。
自分がオーダーしたのはアナウンスされた直後だったので、
多分ファーストロットのモデルだと思うんだけど。
さすがにここまでヒドい変わり様はちょっと、ねぇ。。。

…調子に乗って2本目オーダーしなくて良かった…|ω・)

|

« ルアーフリーク誌のウグイ将軍、好きでした | トップページ | 秋めく。 »

ブラックバス」カテゴリの記事

ベイトキャスティングロッド」カテゴリの記事

ロッド」カテゴリの記事

比較・研究」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

あらら、やっちゃいました。
メーカーのページを確認したら、
TTのインプレにあったロッドはSWモデルでした。
(TTのヤツはモデル名が海用で“SWC”、
 ワタシのはバス用で“FWC”)

ところがメーカーHPにある画像では、
どちらもTTで紹介されてたタイプのリールシートになってる。

はて、実際はどうなってるのやら。。。(´д`;)┌

以下リンク
BASS:http://www.tforods.com/gary-loomis-freshwater-rods.html
SW:http://www.tforods.com/gary-loomis-saltwater-rods.html

投稿: U-dutch | 2010年9月30日 (木) 09:45

FWモデルとSWモデルで若干仕様が異なるということですかね?何のために仕様を変えているのか、若干意図が分かりかねますが…

投稿: ばんぱく | 2010年10月 2日 (土) 10:29

>ばんぱくさん
もしかしたら、ですが。
ファーストロット製造後に、
何らかの事情でコストが上がってしまったので、
パーツを変更したのかもしれません。

アメ物で同じメーカーの同じモデルを追加で買った際に、
グリップとかシートが違うパーツだったなんて経験、
自分もありますし。

投稿: U-dutch | 2010年10月 3日 (日) 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536490/49600311

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みを境に変わっちゃうコっていたよね:

« ルアーフリーク誌のウグイ将軍、好きでした | トップページ | 秋めく。 »