« 2013年11月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

今さらではあるが。

以前より進めてたスピニングタックルの釣り。
ようやくコマが揃ったので動こうと思った矢先、
春先に続いてまた腰が悲鳴あげたズラ(´・ω・`)ショボーン
おかげで仕事も強制休業とか、もうね…。

…やーねぇ、歳は取りたくないわー(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

ってことで。
Tatula Type-Rのインプレみたいなのでも書いとくか。

昨年の秋頃に入手してはいたのだけど、
実際使い始めたのは年が明けてから。
最初にフロロ16lb+66MH+10gラバーシンカーでピッチングした印象は、
スプールの回転が軽く滑らかでマグブレーキの効きが強い。

P2110003

きっちりサミングする前提なら、ダイヤル3〜5がしっくり。
ちょいキャスト(20mくらい)なら5で必要十分、風が強い時に+1〜2くらいか。
ちなみにTatulaのマグダイアルは20段階あるのね。
RYOGAでもそうだったんだけど、
ダイワはマグ強めの設定がデフォなのかね。
1/2ozの鉄板とジギングスプーンも投げてみたけど、
コンスタントに40mは飛んでった(笑)
マグ強めでもこの飛距離出るって、これも偏にTWSの恩恵か(・∀・)

PE50lbを巻いた時でもブレーキ設定はおおむね一緒。

P5250005

直リグやレギュラーサイズのフロッグを投げる時は上記の設定そのままだけど、
最近お気に入りのスモールフロッグ・imaのダビートを投げる時は、
その軽さ(7g)のせいもあってブレーキ7あたりを基準に設定。

P5040002

これだと66MHで幅15mくらいの水路で、
対岸の岸際へキャストがいい具合に決まる。

個人的に気になる点があるとすれば、
ラインの種別による必要なキャパの差かな。
フロロやナイロンならロングキャストする場面もあるから、
標準スプールのキャパでいいんだけど。
PEを使った釣りって間違いなく近距離戦だから、
目一杯巻いちゃうと死に糸が多くなる。
試しにスプール半分ほど巻いてみたけど、
なんかフィーリングがイマイチ。

そこで。

PEを必要なだけ効率よく使うために、
試しに日本仕様の103スプールを取り寄せ中。
入手したら、投げ倒した感想なんかまた書きますわー。

それと、前にも書いたけど。

P5250021

60オーバーのアメナマ掛けてもグイグイ巻いて来れるパワーはある。

でわまた(o・ω・)ノ))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

今の主力

P5040001
TatulaType-R100HL
60UPのアメナマですら余裕で巻いて来れる。

ベイトキャスティングはコイツ2台に加えて、
RYOGA1016HLという盤石の体制。

ちなみに。

ジリオンPE100HLはTatulaと入れ替えでもう手元には無い|ω・)

続きを読む "今の主力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出戻りとか(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

一度ブログを引っ越したのだけど。
なんだかんだでこっちのが使い勝手がイイので図々しく出戻り(・∀・)ニヤニヤ
気まぐれでタイトルも変えてみたり。

さて。

ちょこちょこカスミ水系に行ってはいるけど、
アメナマの顔以外拝めていませぬ(爆)

P5250023

今年は嫌がらせのごとく、
毎釣行入った場所で代掻き水が出るタイミングとか(泣)

またぼちぼち続けて行きますんで、どうぞよろしゅう(。・ω・)ノ゙♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年7月 »