カテゴリー「釣行記」の記事

2013年5月26日 (日)

ようやく初バス乙

レスポのパーツクリーナーはゴキに良く効く!

さて。

準備万端で意気込むと悪天候orz
絶好の釣り日和の週末の好天には所用(;д;)

そんなこんなで昨日5月25日。
前回の笹川湖から約一ヶ月ぶりに、土浦周辺に出動。
当日は日差しが強かったものの、
終日本湖から冷たい強風が吹いている有様。

Sakuragawa_8 

前半ロッドを振った桜川も上流は濁りがキツく、
下流も前述の通り強風がビュービュー。

Opjig_3 

移動した新川も桜川より水質は良かったものの、
五十歩百歩な状況で。

思案の末、激スレではあるものの魚はいる土浦港へ。
まずはマルトボート近くの浮き島あたりから、
旧ビオパークあたりを探って反応ナシ。
続けて高速船の発着場から港の突端まで探るも、
やはり反応はナシ。。。
それでもやたらコイ(と思われる)が跳ねてたので、
魚の活性自体は高いのかな、と。

で。

最後に観光ホテルのあった付近のどん詰まりへ。

Pe100hl 

強風でゴミが吹き寄せてるなぁと思ったのも束の間。
目を凝らして見るとそれはゴミじゃなく、
水草の新芽みたいのが大量に打ち寄せられマット状に。
(画像は撮り忘れたはwww)
観察してると、コイが所々口パクパクしてお食事に夢中で。
ライトリグのアングラーはマット周辺には投げるものの、
よく見るとその中は全然釣ってないよな。。。

ハイ、直リグ投入!

答えは程なく出た。
45cm1.5kg。

Bass 

直リグ+ドライブシュリンプ4inをガッツリ食い込んだ、
針傷のないパワフルで筋肉質のキレイなバスでした。
一発目がこのサイズだと気持ちいいわー(≧∇≦)/
来週の牛久トップ縛り大会もこの調子で行けるとイイねぇ( ̄▽ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

まだやってたんですよ、このブログ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

2ヶ月のブランクはさておいて、
前回の続き逝ってみましょうか(笑)
理由は後のエントリーで。

さて。
時間が空いちゃったので、
さらっとダイジェスト風味でお伝えします。

ハゼ釣りの昼飯時に話が出た片倉ダム行き。
断る理由など微塵もなかったので即おkの返事をして、
翌週湖上の人になりました。
釣行した9月の月初は雨が降らない日がずっと続いてて、
当日は約2.6m(!)の減水。

Standingtimber

普段は水面下であろう立木群があちこちで姿を見せ、
さらには渇水による濁りもキツめでした。

Scene

メンツは自分を入れて総勢4名でしたが、
結果から言うと全員がバスの顔を拝めました(笑)
サイズは43cmを筆頭に計6尾。
当日は魚が湖岸に複合要素(岬+えぐれ+立木みたいな)が絡んだ場所に、
タイトに付いてる印象でした。

以下、証拠の画像(笑)※名前はいずれもHN

Bass01

↑まず自分の35cmから( ̄▽ ̄)
5gシンカーの直リグ+パカチャンクで。

Bass02

↑続いて前半戦で同船させていただいたバッス吉さんの2本目35cm。
(あれ?37cmでしたっけ?・汗)
補足すると、彼は開始早々に23cmを一本獲っております。

Bass03

↑で、後半戦で同船のムファサさんの41cm。スモラバで。

もう一人の同行者のakiさんも43cmを頭に2本。
(同船してなかったので画像がありませぬ)

とまぁ、こんな感じでさらっと書きましたが。
少し前のエントリーにもあった椎間板ヘルニア(仮)を患ったせいで、
マトモなバス釣りは実に3ヶ月ぶりだったんですが、
結果が出て何よりでホッとしたというのが正直な感想。

久しぶりに釣り仲間と気持ちいい釣行ができたのが一番の収穫でしたか。

にしても。

自分より上手い人の釣りを目の当たりにするって、
何より勉強になりますね。
帰りの車中でもバッス吉さんからは、
いろいろ貴重なアドバイスをいただきました。

そこから気持ちが上向いたのも束の間。
しばらく後にまた腰の具合が悪化しましてね。
冒頭でも触れましたが、その件に関しては後のエントリーで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

久々にカスミ。

7/3(日)大幅な寝坊の後、久しぶりのカスミに釣行。
まぁねー。
現地着が1330時を回ってる時点でかなりビミョーですが(爆)

アレコレあって入った境川のやや上流の工事中のポイント。
ここでecoゼロワンジグ1/4oz+スピンドルワーム5in後ろ半分に、
70upのチョビひげ将軍がスレで(←ココ重要)ヒット!
しかもかかった場所が尾びれの付け根で走るわ走るわ(笑)

Carp00

あ。
この日使ったオールスターP785Cはそれでも半分まで曲がらなかったの。
ジリPEのドラグがしっかり効いていたせいもあるかも知らんけど。
(ちなみにラインはギルオリジナルフロロ14lb)
なんだかんだ言ってランディングまで5分もかかんなかったか。。。

Bladejig

その後はブレードジグ1/2ozを土浦港で投げてみたものの、
アオコが出てゲンナリしたせいもあり、
そのフィーリングを確かめただけでそのまま終了。

おっきな魚のパワーを久しぶりに体感しただけでも良し!
って感じの釣りになりましたとさ(´・ω・`)

しっかし。
当日の土浦周辺が少々暑かったとは言え、
マヅメ時にもほとんどバサーを見かけなかったのは少々驚いた。
大丈夫か、バス釣りー!!

■オマケ■

Swim01

上述した通り、エコ01ジグ+スピンドル5inの後ろ半分を付けて泳がせてみたの。
そしたらコイツ、個人的にとてもいい感触ですの。
リトリーブでテールのプリプリアクション+全体がロールして、
結構なまめかしく動きます。
お手持ちの方は一度試してみてもいいかと思いますー(・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ヘタレ釣行記・後半分

与田浦を後にした我々一行は、とある中華料理店でランチを摂った。
曇りの天気予報に反して朝からドピーカンの中で釣り続けたカラダに、
エアコンの風と出されたお冷やが天国のごとき安堵をもたらす。
ランチも程良い味付けと、多過ぎない品数と適度のボリュームで満足。
(確かこの時に後半は常陸利根川→与田浦アゲインという話に決定でしたか)

続いてアングラーズサイト51に行き、各々物品を補充

今回なぜかワイヤーとジグと水面寄りのプラグしか持ってこなかったので、
ジャカブレードTG12g×3個(σ・∀・)σゲッツ

で、ムファサさんがポパイでお目当てのブツが無かったとのことで、
さらにヅラタ先生のお店にも寄ることに。
ここで特に何か買うワケじゃなかったのだけど、
都内ではなぜか全然見かけないCNR-6を発見。

Cnr6

イキオイでつい3個ほど逝ってしまったり(嬉)

さて。
買い物終了後にショップのすぐ前の常陸利根川の土手で、
どのへんで竿を出すのか小会議。
対岸のややカスミ寄りの水門辺りに決定し、早速現地へ。

到着後は、それぞれが良さげな場所を探し土手沿いに展開。

Walk01

Walk02

Walk03

橋桁付近に陣取った自分は当初バズを投げていたものの、
結構流れが速かったのと目に見える物が少なかったので、
つい先ほど買ったばかりのジャカブレードに替えて、引き倒し始める。
が、数投で1個目を捨て石に挟んでロストし、めげずに2個目を結ぶ。
しばらくするとムファサさんが現れ、小振りながら落花生で一匹ゲットとのこと。
なんてお知らせを聞いたり誰がどこ行ったなんて話してた時。
ジャカブレードに40アップと思われるバスがドゴンと来て、バシャンとサヨナラ。。。
その後ガシガシ投げ倒すも結局2個目もロストして、この場所は終了。

いよいよ最後の場所、昼ごろ釣ってた与田浦某所の対岸へ移動。
考えてみたら、この時点で釣れてないのは自分だけでしてね。。。
突端の沖にブレイクがあり魚が溜まってる(かも知れない)とのアドバイスをいただき、
CNR-6を投げ続けるも反応なし。。。
一方、yoshiakiさんがトップ一発でええ魚を獲っとりました。
しばらくしてムファサさんがお帰りとのことで、残りの時間は3人で過ごしました。
章さんに
「土手沿いにヘラ台があるから、そこから岸沿いにトップ投げてポーズを長めにとると良い」
とアドバイスをいただき、しばらくの間ゾンビバグを投げ続ける。
(この日、一体どんだけアドバイスをもらったのだろう・泣)

が、反応なし(汗

ここまで何もないと、いつも通りの自分のやり方に頼りたくなるもの。
ええ、最後はCNR-6をとにかくライズのある方向に投げ倒しましたとも。
(そのライズがボラだかコイだかバスだかなんて関係ナシに)

そしてほとんど暗くなりかけてきたその時。
小気味よい感触と共に生命感がロッドに伝わってきて。

Bass00

…何とか一匹、30チョイ。良かった、釣れて。

ほどなく日もとっぷり暮れて、ここでタイムアップ。
章さん、yoshiakiさんに何とか釣れた旨をお知らせし、帰途へ。

声をかけていただいたムファサさん、ご一緒したyoshiakiさんと章さん。
こんなヘタレに一日中、親身にアドバイスをいただいてありがとうございました。

今度ご一緒する時は、もうチトなんとかしますわ。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ヘタレ釣行記・前半分

梅雨明け直後の連休の熱帯夜にエアコンが故障だってばよ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
汗ダランダラン流しながら書いてまーす(v^ー゜)グッタリ!!
で、先週末7月10日の新利根・与田浦釣行ですね。

…そういや、このブログ始めて初の釣行記だ…(・∀・;)

当日の未明3時にムファサさんに自宅近くでピックアップしていただき、
首都高・常磐道経由で少々遠回りしたものの4時半頃に現地着。

Dawn01

そそくさと準備を整え、先行していた章さんとyoshiakiさんにごあいさつ。
聞けば、すでにトップで獲ったとのこと(スゲっ
負けちゃおれんとSSRクランクを結び(すでに自分が見えていない・笑)、
いいですヨと言われたエリアに入れていただきしばらく投げる。

が。

10投ほどでめげますた。。。

ので。

フットボールシェイキーヘッド+スパイニークローラーで、
ミズヒマワリのポケットをちょこちょこ打っていく。

しかし。

今ひとつしっくりこなかったので、
ecoゼロワンジグ7g+カクータスに替えて、水門に続く狭浅の水路を狙う。

Cacoo

当初はフツーにボトムの落として使ってたのだが反応がないので、
本来の使い方である水面シェイキングを敢行。
半信半疑(←トコトン疑い深い・呆)でシェイクしてると、
なんと20センチほどのギルが水面ジャンプの猛アタック。
コレを見て俄然やる気になるブログ主(←なんちゅう現金な・爆)。
しばらく続けてると水面が割れ、目測45はあろうかというモスバックがアタック!
一瞬重みを感じたが、焦ってアワセ損ねる(←アホ)
ある程度時間を置いて休ませた後もそこで粘り、
再度同じバスと思われるアタックがあったものの、
同じ轍を踏む(←ただのヘタレ)。
その後は小移動を繰り返したものの、ラッキークラフトのクランクが釣れたのみ。

Doe

しばらくした後、陽も高くなり与田浦へ移動。
このエリアを釣り込んでいるムファサさんにレクチャーしていただくものの、
今ひとつ自分の中でピンと来ないせいもあったのか反応なし。
が。
彼はそんな自分の目の前で、レクチャー通りにしっかりアベレージサイズ2尾ゲット。

Mufaget

もう、サスガとしか。
…すいません、ヘタレで(号泣

しばらく小移動して粘るもののお昼時となり、前半戦終了。
はたして、この後はどうなることやら。。。

後半へ続く(・ω・)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

ようやく(・ω・;)へ

mixi経由でお誘いがあり、先週末に新利根・水郷へ釣行。

Zilpe

40〜45サイズを2匹バラすわ、
途中で購入したばかりのルアーを立て続けにロストするわ。
そんなこんなで凹んだまま、最後にようやく30チョイのが一匹(;´▽`A``

Bass01

今年のコレまでと較べたら格段にサカナっ気は出て来たので(笑)、
まずは良しとしとくか。

…とりあえず報告まで。詳細はまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

apple BOXの中身 deps DUO DVD FTDF-CUP G.Loomis ima iMac In-Fisherman OEM OSP Twitter あいさつ お出かけ お悔やみ お知らせ お買い物 アニメ・コミック アブ アメルア インプレ? ウェア ウェブログ・ココログ関連 ウグイ エバーグリーン オールドルアー カラー クランクベイト ケイテック コイ コリアフリー シマノ シャッド ジャッカル スイムベイト スピナー スピナーベイト スピニングリール スピニングロッド スプール スプーン スマホ スミス ソフトベイト タックルウェアハウス ダイワ チャイナフリー チャターベイト ツール テイルウォーク デプス デュオ トップウォーター ナマズ ニシネルアーワークス ノリーズ ハゼ ハンドメイド・自作 バズベイト パソコン・インターネット フィッショングショー フィールド探索 フック ブラックバス ブレードベイト ベイトキャスティングリール ベイトキャスティングロッド ベイトフィネス ホロウベイト マナー マルタ ミノー/ジャークベイト メガバス メンテナンス・整備 ヤフオク ライン ラッキークラフト ラバージグ ラパラ リグ リップレスクランク リール リールいぢり ルアー ルアーいぢり ロックフィッシュ ロッド ロッドいぢり 何このDQN? 個人輸入 利根川 回顧録 報告 多摩川 携帯・デジカメ 改造、チューン 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 比較・研究 気象情報 海もイイっ! 海外通販 片倉ダム 環境 直リグ 相模湖 衣替え 趣味 道具 釣り 釣りマンガ 釣行記 雄蛇ヶ池 霞ヶ浦水系