カテゴリー「スプール」の記事

2013年3月26日 (火)

横浜でリールいじってきましたよー【その2】

Daiwa

続いて向かったのはダイワ(グローブライド)のブース。

ブラッシュアップやバリエの展開中心だったせいもあり、
リールそのものを差し置いて注目してたのがコレ。

Svspool

SVスプール。

T3AIRに標準装備のハーフキャパのスプール。

T3air

優秀なブレーキと裏腹の強度がネックとなって、
頑丈なギアやボディを持つリール自体の強靭さを、
まるで活かせてない矛盾の元凶となってますね。
(実際14lb超の太糸やPEは使用禁止とメーカーが公言)

SVスプールが同じ狙いなのは理解できたのだけど、
強度が気になってダイワマンの方にお聞きすると、
リョウガの標準スプールと同等を確保してるそうで。
つまり軽いリグでの16lbフロロとかPEを使用した近距離戦が、
SVスプールを使うとリョウガ1016HLでも可能ってワケ。

…注文ケテーイ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

あ。
この話の後に少々ジリオン談義になったんですが、
以前出てたジリオン7.3リミテッドのスプール、
お話ししたダイワマンの方も太鼓判でした(嬉)
北米モデルのType-Rのスプールも同じ物との事なので、
興味ある方はお探しになっても宜しいかと(・ω・)
ちなみに7.3Ltd.のスプール、太糸7gでもピッチングが快適(笑)

後はアレだ。

この時点でこの日の目的は達成されちゃったので、

T3mx

Pe100hl

Pe79

いくつか出品されてたリールをいじってきた。
お約束で我が愛機も混ざってますがお気になさらぬ様。

しばらく同ブースでバスロッドやら他ジャンルやら見た後、
次はアブとテイルウォークのリールいじって来るか!
と意気込んでたら。
今年はこの2社が出展してないのに、
入場3時間後にマップを見てやっと気づいた( ̄▽ ̄;)

この時点で残り2時間ほど。
軽く腹ごしらえをしてからルアーメーカー主体に、
いくつかブースを回って終了となりました。
今年はサクサク回れたなぁと思ったら、
速報値で前年比2割減だったそうで。。。
混みすぎるのも困るけど、なんか複雑な気も。

個人的には楽しめたからイイけど(σ・∀・)σ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

無事に届きますた(・ω・)/

件のスプール。
ちょいとヤキモキしましたが、本日無事に届いておりました。

早速中身をいろいろ確認( ̄▽ ̄)

全体がシルバーのなんともメタリックな外観。

Spool

スプール受けのベアリングはCRBB↓

Crbb

反対側に装着されてるインダクトローター↓

Rotor

重量を測ってみる。

Weight

…ジリオンSHのスプールと同じ21g…。
(以前各スプール重量を測った時の記事はこちら

本体につけるとこんな感じ。

Pe_front

Pe_top

あまり違和感がないっつーか、むしろしっくり来てるかも(笑)

キャスト&ピッチのインプレはまたの機会に(σ・∀・)σ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

まだ届かへんがな…(´・ω・`)

一週間ほど前、あるパーツををオクで落としましてね。
こちらはチャチャっと入金済ませて、先方も迅速に送っていただいた様子。
…なんだけどね。

先週の木曜夜に九州から発送連絡があったのだが、
週明けの今日になっても未だ届かず。
ちなみにブツはコイツ↓

Pr_td_zillion_50th_sexy

US限定モデルの50th赤ジリオンのスプール↑

明日届いてなかったら出品者さんに連絡してみよう。
送料ケチらずレターパック500にしとけば良かったかな。。。

あ、無事に届いたらブログにも載せますんで(・ω・)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

2個目は箱入り(笑)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ZPIの箱でやって来た、2個目のUSトレイル用GIGASスプール。
ヤフオクで出てたもんで、つい即決で落としちまいましてね(;´Д`A ```

100ml_spool

…でも、まぁ、これで2台目が来ても安心だナ(σ・∀・)σ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

スプールインプレ第4弾 〜ジリオン7.3リミテッド用スプール〜

さて、ラストのインプレですが。

先のSH用スプールとパッと見(色とか穴とか)以外に違いが分かりません。
ブレーキシステムはどちらもマグフォースZを名乗っており、
ラインキャパも16lb100m、20lb80mで全く一緒。
見えない部分で違うのは、重量だけ(SH用が21g、こいつが18g)。

Spool_73ltd

Spool_sh

お約束(笑)の10gシンカーのピッチングから。
SH用スプールよりもフィーリングがリニア。
USトレイル用と遜色なくピッチング出来る。
ピッチングも守備範囲と謳ってるだけあって、その言葉どおりかな。

Pe_73spool_2

続いて7gを投げてみたが、SH用より多少扱いやすくはなってる。
ピッチングはマグ6・メカややきつめで、飛距離は落ちた(6〜7m)が投げられた。
ただ、キャスティングに関しては大差なかったかなぁ。
バックラの程度が軽くなったくらい。

実戦じゃないキャストでの印象から言わせてもらうと、
既存のジリオン用のセッティングを、ピッチング寄りにした感じ。
そのためのスプール軽量化と推測。
ほんの3gの軽量化が、軽めのウェイトを扱いやすくしてるのも確か。
実釣においては、さほど不自由はないと思う。

これまで4種類のスプールを使ってみた訳ですが、
用途別の使いやすさをまとめてみましょうか。

■10gピッチング■
ジリPE標準≒USトレイル用≒7.3リミテッド≧SH用
■10gキャスト■
ジリPE標準≒USトレイル用≒7.3リミテッド
SH用
■7gピッチング■
ジリPE標準
USトレイル用7.3リミテッド>SH用
■7gキャスト■
ジリPE標準≧USトレイル用>7.3リミテッド
SH用

やはり投げるウェイトが重い場合は差がつきにくくて、
軽いものを投げようとした場合に差が現れた。
しかもピッチングにおいて顕著に、
スプールが軽いほど軽いウェイトが投げやすいと出た。
ココから考えられる使い分けの例を以下に出してみた。

●小場所や近距離をピッチング主体で攻める場合
→標準スプール+20lb前後のライン
●初めての場所であれこれ投げる場合
→USトレイル用+16lb
●大場所でロングキャスト&リトリーブ、時々ピッチング
→7.3リミテッド用+16〜20lb


個人的にはこの3つで大体カバーできちゃうかな。
7.3リミテッドと被るのでSH用は出番なしですが。

Pe_pinion
これで自分の中で基準が出来たので、使い分けて楽しめるか(笑)

【お断り:あくまでも一個人の感想ですよ】
使うルアーや使用者のスキルなど諸条件で差が出るものですので、
ココで述べられているモノが全てではないことをお含み置きください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

スプールインプレ第3弾 〜ジリオン100SH用スプール〜

パッと目を引く赤が印象的なSH用のスプール。
糸巻量はカタログデータで16lb100m、ブレーキはマグフォースZ。
ジリオンのスタンダードスペック。

例によって10gシンカーのピッチング&キャストから。
以前使ってたハイギアモデル(
ギア比6.3・金スプール)では、
ピッチングでグダグダだった印象があったので、
正直あまり期待していなかったのだが。

Pe_shspool

…あら?
先の二つと較べると若干もたつくが、普通にピッチング出来、る…?
たまたまかも知れないと思い20〜30投したけど、間違いない。
そう言えば売り出し当初にSHは、
ピッチング主体の釣り用とも謳ってた記憶があるから、
もともとそういうセッティングなのかも知れない。
もしかしてジリオンって、各ギア比でブレーキの味付けが違うのか??

10gシンカーのキャストに関しては、試した4種類まるで問題なし。
…先に言っときゃ良かったか、これ

続いて7gシンカーでのピッチング&キャスト。
結果から言うと、グダグダ。
使った本人のウデの問題もあるだろうが、
やっぱり3/8ozから上を使うリールだと改めて実感。

今回のインプレシリーズ全て、メカ若干緩めでマグ4.5が基本設定なのだが、
このスプールは7gに換えた途端に扱いづらくなった。
ピッチングに関しては、マグを6以上にしてメカを数クリック締めてなんとか。
神経質でサミングにエラく気を使う。
実釣だったらきっとリズムが狂いっぱなし。

Pe_dial

続いてキャスト。
ピッチングのセッティングのまま投げたところ、普通にバックラッシュ。。。
マグを7.5くらいにして投げてみるが、まだバックラする。
そこでメカを数クリック締め込んで投げてみたけど、
多少マトモにはなったが軽くバックラしてる。
さらにココから各ブレーキを強くすればバックラしなくなるだろうが、
使い心地と言う点では正直全然ダメ、だな。。。

タックルバランスからすれば、使い難い重さなのは承知の上。
このごっついタックルであえて7gジャストを投げるとどうなのか、
単に興味本位でやってるのもありますので。
ま、参考程度にお考えください。

で。
このスプールはメーカーが謳ってた通り、
中量級以上のルアーを思い切り投げるセッティングと実感。
ハイギアモデルの金スプールと多少の差はあれ、ほとんど同じですね。

【お断り:あくまでも一個人の感想ですよ】
 使うルアーや使用者のスキルなど諸条件で差が出るものですので、
 ココで述べられているモノが全てではないことをお含み置きください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

スプールインプレ第2弾 〜TD-Z100M用GIGAS〜

さて。
面倒くさくならないうちに(笑)、第2弾。

Zillionpe_00_2

今回使ったのはTD-Z100M(通称USトレイル)用のGIGASスプール。
搭載ブレーキは一時代を築いた(のか?)、マグフォースV。
糸巻量は16lbで70m。
ちなみに。
ラインはスプールエッジから若干余裕を持たせた量を巻いてます。

Z100m_spool

まずは10gシンカーのピッチングから。
以前使ってたTD-Z103HLの感覚が残ってるせいか、扱いやすい。
きちんとセッティングしてある前提で言うと、
緩すぎず敏感すぎず、標準スプール以上にコントローラブル。
試しに弾道無視でどの位距離を出せるか試したところ、約12m出た。
そうなると、7〜8m辺りのピッチングは言わずもがな。
フィーリングはとてもいい。マグV最高(笑)

そのままキャストに移行してみる。
このウェイトで軽く投げても、30mは余裕で飛んだ。

続いて7gシンカーでピッチング。
標準スプール使用時と同様、重さが重さなので距離は多少落ちる。
遠目よりも、近距離でのピッチングなら問題は無いと思う。
やはりスプールの軽さが、この重量でのピッチングに貢献しているのかも。

Pe_100mspool

7gというウェイトでのキャストは、少し神経質かもしれない。
開始当初のキャスコンとブレーキのセッティングのままだと、
サミングにエラく気を使う。
ちょっと気を抜くと軽いバックラ連発だったけれど、
キャスコンを数クリック締めたら、多少まともに飛ぶ様にはなった。
なんだかんだ言って、それでも20m以上は飛んでいましたが。
加えてマグも強くすればバックラの心配が減ると同時に、
飛距離もさらに出なくなってしまうだろう。

でも。
このタックルバランスで7gの重量を投げられるコト自体、上出来なのかもね。
きっかり7gって言ったら、普通はMLクラスだもん。。。

Pe_rod_3

味付けはマグフォースとマグフォースZの、ちょうど真ん中くらいだろうか。
標準スプールよりもラインキャパが多い分、実釣では出番が多くなりそう。
ジリPEでモノフィラを使う時の、万能タイプのスプールと言えると思う。

【お断り:あくまでも一個人の感想ですよ】
 使うルアーや使用者のスキルなど諸条件で差が出るものですので、
 ココで述べられているモノが全てではないことをお含み置きください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

スプールインプレ第1弾 〜ジリPE標準スプール〜

はてさて。
引っ張るだけ引っ張ってようやくスタート(笑)

まずは、マグフォースPEチューン搭載の標準スプール。

Pe_pespool

本来、PEライン使用が前提のモデルなので、かなりのシャロースプール。
(PEラインは同強度のモノフィラメントラインと比べて圧倒的に細いからね)
16lbモノフィラを巻くと画像の通り。糸巻量は50〜60mくらいですか。

まずは10gシンカーでピッチングしてみた。
軽量+シャロースプールの恩恵か、回り出しはすこぶる良好。
当たり前の様にサクサクっとピッチ出来るのよ、これが。
そして、想像してた以上にコントローラブル。距離にして10mはいける。
本来の用途(主にシーバスの巻物)からして、
ロングキャストに振った味付けかと思いきや、いい意味で裏切られた感じ。

ごく普通のキャストはまるで問題なし。
断っておくとディスタンスキャスト(どんだけ遠くに飛んだか)は、
個人的にまず必要ないのでしてません。
カスミのおかっぱリで投げそうな長距離って、せいぜい40m位ですし。

続いて7gシンカーで同様の手順を試す。
ココでスプールの軽さの影響が良い方に出たのか、
若干距離は縮まる(6〜7m)ものの、難なくピッチング出来ます。
スタンダードなジリオンのスプールって、3/8oz以下がとても投げづらい。
なぜか知らんが、3/8ozを境にハッキリ差が出た。
(発売当初のモデルだったのでそうだったのかも。
 現在は仕様変更してるかも知れないが、その点は不明)
そんな経験+本来の用途から考えると、この結果は正直ビックリ。

普通のキャスティングは、やはり距離は落ちるものの、軽くても問題なし。

当初、チューンドとは言えマグフォースは「効きがやたら強い」ってイメージがあった。
ところが、実際に投げてみるとそんなことはなく、むしろヘタなマグZよりイイと感じた。

なんでも決めつけてかかってはいかんのだな、と反省(* ̄ー ̄*)


…とりあえず、ひとつ目はこんなところですかねー。
質問とかあったら、コメントからお願いしまつ(・ω・)へ

【お断り:あくまでも一個人の感想ですよ】
 使うルアーや使用者のスキルなど諸条件で差が出るものですので、
 ココで述べられているモノが全てではないことをお含み置きください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

インプレ、の前に下準備

Hlspools

いきなり投げた感じなんかを書こうと思ってたが、
その前にそれぞれのスプールについて書いた方が良いか、と思い。
少々引っ張り過ぎかも知れんが、まぁ許しとくれ(笑)
今回入手したスプールは以下の4つ。

1.ジリオンPE標準装備スプール(マグフォースPEチューン)
2.TD-Z100M用スプール(マグフォースV:以下マグV)
3.ジリオンSH用スプール(マグフォースZ:以下マグZ)
4.ジリオン7.3リミテッド用スプール(マグZ)

出来ればココにTD-Z・BBS用も加えたかったが、色々キリがないので自粛(^^;

ダイワユーザーならもしかしてご存知かもしれないが、
ココのリールはスプール交換により、ブレーキの性格が変化する。
なぜならダイワのマグブレーキは、インダクトローターの性格そのもの。
だからスプールを換えることで、元々はマグVのリールをマグZに変更できたりする。
互換性のあるスプールを複数使える機種だと、必要に応じて使い分けが出来るかな。

各スプールの重量を量ってみますた(・ω・)へ

Spool_pe

Spool_100ml

Spool_sh

Spool_73ltd

最軽量は標準スプール。一番重たいのはジリSH用。
SH用以外は20g以下。皆さん意外と軽くてらっしゃる(笑)
おまけでアルファス150用(マグZ)も載せておきましょ。

Spool_al150hl

…互換性のないハイエンドとミドルエンドを比較しても、参考にならないケド。

インプレにするにあたり、使うタックルは全て以下のものを使用。
スプール以外は全て同条件。

ロッド:オールスターT40X・W78MH(6.6ft・wt.1/4〜5/8oz・line.〜17lb)
リール本体:ジリオンPE100HL
ライン:ポパイPbライン・キャスト16lb(ナイロン)
使用ウェイト:オフト製キャスティングシンカー7gと10g(シリコンラバー製)


上記2種類のシンカーで、キャストとピッチングにて比較。
スプールそれぞれの差が出難くなるので、重いシンカーは使っていない。
このクラスのタックルで、ジャスト7g投げるってのもまずないが。
(7gをストレス無く投げるなら、TDだと103/105クラスが経験上ベスト)

こんな調子で下準備?はOK、次からいよいよ実投開始。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

apple BOXの中身 deps DUO DVD FTDF-CUP G.Loomis ima iMac In-Fisherman OEM OSP Twitter あいさつ お出かけ お悔やみ お知らせ お買い物 アニメ・コミック アブ アメルア インプレ? ウェア ウェブログ・ココログ関連 ウグイ エバーグリーン オールドルアー カラー クランクベイト ケイテック コイ コリアフリー シマノ シャッド ジャッカル スイムベイト スピナー スピナーベイト スピニングリール スピニングロッド スプール スプーン スマホ スミス ソフトベイト タックルウェアハウス ダイワ チャイナフリー チャターベイト ツール テイルウォーク デプス デュオ トップウォーター ナマズ ニシネルアーワークス ノリーズ ハゼ ハンドメイド・自作 バズベイト パソコン・インターネット フィッショングショー フィールド探索 フック ブラックバス ブレードベイト ベイトキャスティングリール ベイトキャスティングロッド ベイトフィネス ホロウベイト マナー マルタ ミノー/ジャークベイト メガバス メンテナンス・整備 ヤフオク ライン ラッキークラフト ラバージグ ラパラ リグ リップレスクランク リール リールいぢり ルアー ルアーいぢり ロックフィッシュ ロッド ロッドいぢり 何このDQN? 個人輸入 利根川 回顧録 報告 多摩川 携帯・デジカメ 改造、チューン 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 比較・研究 気象情報 海もイイっ! 海外通販 片倉ダム 環境 直リグ 相模湖 衣替え 趣味 道具 釣り 釣りマンガ 釣行記 雄蛇ヶ池 霞ヶ浦水系