カテゴリー「リールいぢり」の記事

2013年10月13日 (日)

また一ヶ月ぶりか(ノ∀`)アチャー

つなぎ更新的なモノなので雑多な内容の羅列で。

毎月末にバス釣りがらみの飲み会があるのだが、
そこで仲良くさせていただいてるお一人のAさんから、
大層なプレゼントを頂きました。

Pa130008

ジリオンPEロングキャストスプール
頂いた翌週に実践投入したんですが、イイわぁこれー(*゚∀゚)=3 ムッハー!!
標準スプールのブレーキの強さがいい感じにマイルドになってて、
最後にひと伸びある、っていうか。

Pa060005

期せずしてジリPEがパワーアップ(笑)

さて。
お礼は何にしようかすら(・ω・)

続いてスピニング。
徐々に使い始めているのだが、
まだキャスト練習に毛が生えたみたいな感じ。

P9290014

何せまともにスピニングタックルを使うのは、
ガキの頃にコイのぶっ込み釣りをして以来約30年ぶり。
とりあえず揃えたロッドは思っていたよりちょい固すぎた( ´・ω・`)

Pa010018

でもカーディナルSTXはフツーに使えて悪くない(笑)

ま、焦らずボチボチ進めますわー(・∀・)/

お買い物ネタ2つで〆に入りますよー。
まずは、久しぶりにTWHでルアーを注文。

Bronzeyeshadcolors

↑SPROのブロンズアイ・シャッド
ICASTで発表されて以来ずっと気になってたんだけど、
先だってついに発売されたので思わずオーダー。
コレ見てイメトレだけはばっちり(・∀・)ニヤニヤ

832_hero

かこつけてsufix832の50lb300yd巻も注文したった(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

今回少額の注文だったので、一番送料が安いWorld Mail(10ドル)を選択。
(確か注文が75ドル未満だと選択できる。間違ってたらごめんなさいね。。。)
予定だと届くのは今月末あたりなのだが、今から待ち遠しいわぁ(・∀・)

最後に。
これもつい最近リリースされたO.S.Pのドライブシュリンプ4.8in

Pa120006

先日新利根にて初投入し、短時間で5バイトという好感触。
当方思考が単純なので、早速2パック追加購入だ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
4インチと併せて使い込んで行きますよー(σ・∀・)σ

ってことで、また来週ー(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

どれすあっぷ

最近カーボンハンドルが流行ってるみたいなので、
手持ちのアルファスType-Fに合いそうなのをひとつ買って付けてみた。

Handle001

↑コイツ。エイテック製。

Handle002

↑ハンドル以下、付属品はこんな感じ。

Handle003

↑おもむろに純正ハンドルを外しーの。

Handle004_2

↑カーボンハンドルをはめて、左用ナットで締める。最後にワッシャーで固定。
ふいんき(なぜか変換出来ない)も変わって意外とカコイイ。

Handle005

↑フレーム部分もカッチリしてて、ノブの回転もスムーズで軽い。
実釣でも全く問題なさそう。

…これ、結構逝けるんじゃね!?

よし。
これでベイトフィネス(笑)もイケイケ(死語)だ (違

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

無事に届きますた(・ω・)/

件のスプール。
ちょいとヤキモキしましたが、本日無事に届いておりました。

早速中身をいろいろ確認( ̄▽ ̄)

全体がシルバーのなんともメタリックな外観。

Spool

スプール受けのベアリングはCRBB↓

Crbb

反対側に装着されてるインダクトローター↓

Rotor

重量を測ってみる。

Weight

…ジリオンSHのスプールと同じ21g…。
(以前各スプール重量を測った時の記事はこちら

本体につけるとこんな感じ。

Pe_front

Pe_top

あまり違和感がないっつーか、むしろしっくり来てるかも(笑)

キャスト&ピッチのインプレはまたの機会に(σ・∀・)σ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

時の流れに身を任せ

今は手放してしまったTD-X105HiL。

Ca340926

購入当時にちょいと試投してみたのだけど、
12lb+7gシンカーでのピッチとキャスト、どちらも問題なし。
スプールの回転も滑らかだったし。
そう、回るところは問題なかった。

実はこの時、ジリPEと投げ較べたんだけど、2台の間に流れた時間を感じたというか。

Ca340927

フレームやスプール等のパーツは工作技術の進歩とか軽くて強い新素材の採用、
なんて側面があるから差があって然るべきなので、ここは仕方ない部分。

何より驚いたのがボディワークというかデザインというか。

件のTD-Xは右利きの左巻専用で握りやすさが当時の売りだったのだけど、
最近のロッドにつけてみるとエラく握り難い。
新型のコンパクトなリールを使い続けてきたコトもあるかもしれないが、
それを差し引いてもかつて快適に使っていた自分の中でのギャップが大きい。

で、どうしてそう感じたのか、自分なりに考えてみた。

調べてその差が顕著だったのは、リールフットの位置。
最近のモデルはコンパクトな握りを追求し、メインギアをオフセットしている。
そうなると。
必然的にリールフットはボディ内側(メインギアの真ん中くらい?)に位置するので、
ロッドにセットした際にかなりコンパクトに握れる。
そしてリールシート。
上に載せるモノの変化に合わせて進歩してきたせいか、
最近はリール以上にエルゴノミックな形状をしていたりする。
リールの構造の変化+それに伴うリールシートの進歩でマスを集中化して、
キャストを含む一連の操作にかかる負担を軽減する狙いもあるかも知れません。

なるほど。
そんなグリップが付いてる今のロッドに15年も前のリールをつけたら、
投げて投げられないことはないけど、そりゃ違和感を感じるワケです。
それぞれの設計思想が違う物をセットで使おうとするんですから。
リールフットのオフセット化+本体コンパクト化が始まったTD-Z以降のモデルなら、
ほとんど気にならないでしょうけど。

※ここで書いてるのはダイワのリールについてです。
 他メーカーについては存じあげませんので、あしからず。
※参考までに、大きさを比較した画像を掲載

■まずはボディの大きさ↓■

Reels

前後長はTD-Xが90mm、ジリPEが74.4mm

■続いて体高↓■

Pehlhil

ドラグノブ含めた全高はジリPEが高いのに、フットはジリPEの方がオフセットが大きい。
リールフット〜ボディ上面は、TD-Xが52.8mm、ジリPEが43.9mm。

※一応ノギスで計ってますが、素人計測のため各数値は参考値とお考えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

GIGAS?

室温35℃熱帯夜エアコン故障の生活は翌朝で終焉です(o・ω・)ノ))サヨーナラー
もうひと汗ダラダラまみれてブログ記事一本うPしちゃうよ!?

…熱暴走、平にご容赦をm(__;)m

さて。
先日の釣行翌日に都内某ショップの中古にて、
お手頃な値段で出ていたアルファス103LタイプF。

Alphas

お持ち帰り後、いつも通りF-0と沢村さんちのグリス使ってメンテしたんですが。

Parts

カバーを外して中を開けたら、ドライブギアが黒かったの。
コレってTD-ZタイプRに使われてた、あのGIGASギア?

Dgear

それとも、コレが標準なの?
GIGASだとしたら、前所有者がオタでわざわざ交換したとか?

同じリールをお持ちの方、あなたのギアは何色でつか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月31日 (土)

いいねぇ、F-0のニオイ(σ・∀・)σ

直前の記事でもサラッと触れてますが、引越しましてね。
ガラッと変わった生活リズムや各種手続き等の雑事のおかげで、
この一週間はあっという間だったのねー。
ようやっと今日、のんびりする時間が出来たので、
リールを1台バラして遊んでみましたの。
またしばらく釣りに行けないけど(今年はこんなのばかり・笑)、
こうすることでモチベーションをキープする意味もあるし。

今回のブツは、引越前に中古価格2100円で購入したキャスプロメタルT300L。

Before

Side_a

見た目はほとんどキズも無く、いじった感じも悪くはなさそう。
だ・け・ど。
バラしながら各パーツをじっくり見ると、コレ、やっぱり値段なりだね。
実際に使ってた旧リョービ製のF300LFと、パーツの質感・精度が段違い。
リョービが上州屋に釣具事業を売却後に出したリールだから、まぁ仕方ないけど。
コスパからすると充分だとは思うし、2000円少々のリールに多くを求めても。。。

Dismantled_2

で、今回は外せるものを外してほぼ全バラシ状態。
見た目とは裏腹に内部は意外と汚れてますた。

Gear

パーツクリーナーと歯ブラシで各部をキレイに。
〆にF-0と沢村さんちのグリスでラブリケア後、組み上げて終了。

Finish

メンテ前より、スプールの回転が若干スムーズになったかな。
しっかりケアしたんだから、存分に働いてもらおうか(笑)

P.S.
●このリール、メイドインコリアだった…orz

Foot00

Foot

各パーツの精度は大丈夫か?
フット部分の肉抜きの穴にはバリがあるんだけど…(´・ω・`)
●ブレーキ部分の接写

Mag_brk

Cent_brk

「マグと遠心の併用によるスムーズなキャストが売り」らしいのだが、
十数年前にアブがSM3000Cですでに採用してた機構。
SM3000Cを実際使ってたけど、マグブレーキだけで間に合ってたんだが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

ジリオンPEの中身

24日の釣行後にメンテした際、
購入後初めてギア側のプレートを開けたんですけどね。

Dismantled

見たら、ギアの色が今まで使ってたダイワのベイトと違うの(・ω・)
メインギアはそれまでと似た様な色合いだったのですが。
(それでも質感はダンチだけど)

Gear01

目が行ったのは、見慣れたものとは色違いのギアシャフトとピニオンギア。
間違いなく今まで使ってきたリール達とは違いますな。

Gear02

メインギアの素材はメーカーも公表してるけど、この部分は調べようがないか。。。
本来の用途を考えると、やっぱり頑丈な素材なんだろうなぁ…( ̄0 ̄)

…で、この後は汚れをキレイに落としてラブリケア。
相変わらずの絶好調でし(・ω・)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

なんちゃってTD-X化計画、発動!?

ヤフオクでレベルワインダー部分一式を落札しちゃったので、
小メンテのついでにラインガイドを交換してみた。

こちらが交換前↓

Tds_lw_2

で、交換後。
パッと見、TD-Xそのもの(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

Tds02_3

そのうちスプールも換えちゃおうかと考え中(  ̄^ ̄)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

スプールインプレ第1弾 〜ジリPE標準スプール〜

はてさて。
引っ張るだけ引っ張ってようやくスタート(笑)

まずは、マグフォースPEチューン搭載の標準スプール。

Pe_pespool

本来、PEライン使用が前提のモデルなので、かなりのシャロースプール。
(PEラインは同強度のモノフィラメントラインと比べて圧倒的に細いからね)
16lbモノフィラを巻くと画像の通り。糸巻量は50〜60mくらいですか。

まずは10gシンカーでピッチングしてみた。
軽量+シャロースプールの恩恵か、回り出しはすこぶる良好。
当たり前の様にサクサクっとピッチ出来るのよ、これが。
そして、想像してた以上にコントローラブル。距離にして10mはいける。
本来の用途(主にシーバスの巻物)からして、
ロングキャストに振った味付けかと思いきや、いい意味で裏切られた感じ。

ごく普通のキャストはまるで問題なし。
断っておくとディスタンスキャスト(どんだけ遠くに飛んだか)は、
個人的にまず必要ないのでしてません。
カスミのおかっぱリで投げそうな長距離って、せいぜい40m位ですし。

続いて7gシンカーで同様の手順を試す。
ココでスプールの軽さの影響が良い方に出たのか、
若干距離は縮まる(6〜7m)ものの、難なくピッチング出来ます。
スタンダードなジリオンのスプールって、3/8oz以下がとても投げづらい。
なぜか知らんが、3/8ozを境にハッキリ差が出た。
(発売当初のモデルだったのでそうだったのかも。
 現在は仕様変更してるかも知れないが、その点は不明)
そんな経験+本来の用途から考えると、この結果は正直ビックリ。

普通のキャスティングは、やはり距離は落ちるものの、軽くても問題なし。

当初、チューンドとは言えマグフォースは「効きがやたら強い」ってイメージがあった。
ところが、実際に投げてみるとそんなことはなく、むしろヘタなマグZよりイイと感じた。

なんでも決めつけてかかってはいかんのだな、と反省(* ̄ー ̄*)


…とりあえず、ひとつ目はこんなところですかねー。
質問とかあったら、コメントからお願いしまつ(・ω・)へ

【お断り:あくまでも一個人の感想ですよ】
 使うルアーや使用者のスキルなど諸条件で差が出るものですので、
 ココで述べられているモノが全てではないことをお含み置きください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

インプレ、の前に下準備

Hlspools

いきなり投げた感じなんかを書こうと思ってたが、
その前にそれぞれのスプールについて書いた方が良いか、と思い。
少々引っ張り過ぎかも知れんが、まぁ許しとくれ(笑)
今回入手したスプールは以下の4つ。

1.ジリオンPE標準装備スプール(マグフォースPEチューン)
2.TD-Z100M用スプール(マグフォースV:以下マグV)
3.ジリオンSH用スプール(マグフォースZ:以下マグZ)
4.ジリオン7.3リミテッド用スプール(マグZ)

出来ればココにTD-Z・BBS用も加えたかったが、色々キリがないので自粛(^^;

ダイワユーザーならもしかしてご存知かもしれないが、
ココのリールはスプール交換により、ブレーキの性格が変化する。
なぜならダイワのマグブレーキは、インダクトローターの性格そのもの。
だからスプールを換えることで、元々はマグVのリールをマグZに変更できたりする。
互換性のあるスプールを複数使える機種だと、必要に応じて使い分けが出来るかな。

各スプールの重量を量ってみますた(・ω・)へ

Spool_pe

Spool_100ml

Spool_sh

Spool_73ltd

最軽量は標準スプール。一番重たいのはジリSH用。
SH用以外は20g以下。皆さん意外と軽くてらっしゃる(笑)
おまけでアルファス150用(マグZ)も載せておきましょ。

Spool_al150hl

…互換性のないハイエンドとミドルエンドを比較しても、参考にならないケド。

インプレにするにあたり、使うタックルは全て以下のものを使用。
スプール以外は全て同条件。

ロッド:オールスターT40X・W78MH(6.6ft・wt.1/4〜5/8oz・line.〜17lb)
リール本体:ジリオンPE100HL
ライン:ポパイPbライン・キャスト16lb(ナイロン)
使用ウェイト:オフト製キャスティングシンカー7gと10g(シリコンラバー製)


上記2種類のシンカーで、キャストとピッチングにて比較。
スプールそれぞれの差が出難くなるので、重いシンカーは使っていない。
このクラスのタックルで、ジャスト7g投げるってのもまずないが。
(7gをストレス無く投げるなら、TDだと103/105クラスが経験上ベスト)

こんな調子で下準備?はOK、次からいよいよ実投開始。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

apple | BOXの中身 | deps | DUO | DVD | FTDF-CUP | G.Loomis | ima | iMac | In-Fisherman | OEM | OSP | Twitter | あいさつ | お出かけ | お悔やみ | お知らせ | お買い物 | アニメ・コミック | アブ | アメルア | インプレ? | ウェア | ウェブログ・ココログ関連 | ウグイ | エバーグリーン | オールドルアー | カラー | クランクベイト | ケイテック | コイ | コリアフリー | シマノ | シャッド | ジャッカル | スイムベイト | スピナー | スピナーベイト | スピニングリール | スピニングロッド | スプール | スプーン | スマホ | スミス | ソフトベイト | タックルウェアハウス | ダイワ | チャイナフリー | チャターベイト | ツール | テイルウォーク | デプス | デュオ | トップウォーター | ナマズ | ニシネルアーワークス | ノリーズ | ハゼ | ハンドメイド・自作 | バズベイト | パソコン・インターネット | フィッショングショー | フィールド探索 | フック | ブラックバス | ブレードベイト | ベイトキャスティングリール | ベイトキャスティングロッド | ベイトフィネス | ホロウベイト | マナー | マルタ | ミノー/ジャークベイト | メガバス | メンテナンス・整備 | ヤフオク | ライン | ラッキークラフト | ラバージグ | ラパラ | リグ | リップレスクランク | リール | リールいぢり | ルアー | ルアーいぢり | ロックフィッシュ | ロッド | ロッドいぢり | 何このDQN? | 個人輸入 | 利根川 | 回顧録 | 報告 | 多摩川 | 携帯・デジカメ | 改造、チューン | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 比較・研究 | 気象情報 | 海もイイっ! | 海外通販 | 片倉ダム | 環境 | 直リグ | 相模湖 | 衣替え | 趣味 | 道具 | 釣り | 釣りマンガ | 釣行記 | 雄蛇ヶ池 | 霞ヶ浦水系