カテゴリー「インプレ?」の記事

2014年6月28日 (土)

今さらではあるが。

以前より進めてたスピニングタックルの釣り。
ようやくコマが揃ったので動こうと思った矢先、
春先に続いてまた腰が悲鳴あげたズラ(´・ω・`)ショボーン
おかげで仕事も強制休業とか、もうね…。

…やーねぇ、歳は取りたくないわー(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

ってことで。
Tatula Type-Rのインプレみたいなのでも書いとくか。

昨年の秋頃に入手してはいたのだけど、
実際使い始めたのは年が明けてから。
最初にフロロ16lb+66MH+10gラバーシンカーでピッチングした印象は、
スプールの回転が軽く滑らかでマグブレーキの効きが強い。

P2110003

きっちりサミングする前提なら、ダイヤル3〜5がしっくり。
ちょいキャスト(20mくらい)なら5で必要十分、風が強い時に+1〜2くらいか。
ちなみにTatulaのマグダイアルは20段階あるのね。
RYOGAでもそうだったんだけど、
ダイワはマグ強めの設定がデフォなのかね。
1/2ozの鉄板とジギングスプーンも投げてみたけど、
コンスタントに40mは飛んでった(笑)
マグ強めでもこの飛距離出るって、これも偏にTWSの恩恵か(・∀・)

PE50lbを巻いた時でもブレーキ設定はおおむね一緒。

P5250005

直リグやレギュラーサイズのフロッグを投げる時は上記の設定そのままだけど、
最近お気に入りのスモールフロッグ・imaのダビートを投げる時は、
その軽さ(7g)のせいもあってブレーキ7あたりを基準に設定。

P5040002

これだと66MHで幅15mくらいの水路で、
対岸の岸際へキャストがいい具合に決まる。

個人的に気になる点があるとすれば、
ラインの種別による必要なキャパの差かな。
フロロやナイロンならロングキャストする場面もあるから、
標準スプールのキャパでいいんだけど。
PEを使った釣りって間違いなく近距離戦だから、
目一杯巻いちゃうと死に糸が多くなる。
試しにスプール半分ほど巻いてみたけど、
なんかフィーリングがイマイチ。

そこで。

PEを必要なだけ効率よく使うために、
試しに日本仕様の103スプールを取り寄せ中。
入手したら、投げ倒した感想なんかまた書きますわー。

それと、前にも書いたけど。

P5250021

60オーバーのアメナマ掛けてもグイグイ巻いて来れるパワーはある。

でわまた(o・ω・)ノ))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

2年前の夏にはカスミでコイ釣ったな(笑)

盆休みの最中、皆さんいかがお過ごしでしょう?
仕事柄、世間と同じタイミングで休めないブログ主です。
まぁ、時期をずらして取るからいいんですが。

先日もお伝えした通り。
FTDF-CUPはゼロ申告という何ともショボい結果。
レッドフィンでバラしたあの一尾がエントリーできていれば、
6位には入賞できたんですけど。
ここで何を言っても「たられば」の話、
これが今の自分の実力ってことですね。
結果は残念だったけど、とても刺激されました( ̄▽ ̄)
/

225さん。
1ヶ月という長期間の運営、本当にお疲れ様でした<(__)>
来年も懲りずに参加させていただきますね。
目指せ上位入賞(笑)
ひとつ目標というか、楽しみが増えたわー(0゜・∀・)

さて。
先週末は件の酷暑から逃れるべく、夕刻に多摩川某所へ。
当日は最高気温が37〜38℃もあったせいか、
16時頃でもほとんど人影がなかったというヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

小一時間ほどキラーコンパスを動かす練習して、
その後は2日前に手に入れたばかりのフラチャットをテスト。

P8100002

流れに乗せてみたり、水深20センチほどのドシャローで巻いてみたり。
なかなかコントローラブルで、使い勝手が良い印象。
引いてたところが砂利底だったのもあるけど、
ちょっと塗装が剥げやすいなぁ。
正直、ヘッドは無塗装でもいいんじゃ?

で、コイツ。
一応結果を出したんですよ。

P8100005

約70センチのコイですが。
かかった当初はスレかいな?と思ったんですが。

P8100004

意外とすんなり寄ってきたんでランディング後に確認したら、
丸呑みに近い状態でガッツリ食ってたという。

P8100009

フックシャンクが長いのですぐ外せるかと思ったら、
掛かり所が悪くてフックを折って外しました。
ここまで少々時間がかかったので、
コイさんには浅瀬でしばらく体力を回復していただいた上で、
無事お帰りいただきました。

一瞬ビッグスモールか!?と期待したんだけど、
久しぶりに大きい魚の引きを堪能できたんで良しとしよう( ̄▽ ̄)へ
次はバスを連れて来てくれますように(σ・∀・)σ

↓参考までに使用タックル↓
USシマノ・CUMARA63H+リョウガ1016HL+ギルオリジナルフロロ16lb
※トレーラーにはセクシーインパクト3.8in
いい仕事しましたわー。
ランディングまで5分もかかんなかったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

横浜でリールいじってきましたよー【その2】

Daiwa

続いて向かったのはダイワ(グローブライド)のブース。

ブラッシュアップやバリエの展開中心だったせいもあり、
リールそのものを差し置いて注目してたのがコレ。

Svspool

SVスプール。

T3AIRに標準装備のハーフキャパのスプール。

T3air

優秀なブレーキと裏腹の強度がネックとなって、
頑丈なギアやボディを持つリール自体の強靭さを、
まるで活かせてない矛盾の元凶となってますね。
(実際14lb超の太糸やPEは使用禁止とメーカーが公言)

SVスプールが同じ狙いなのは理解できたのだけど、
強度が気になってダイワマンの方にお聞きすると、
リョウガの標準スプールと同等を確保してるそうで。
つまり軽いリグでの16lbフロロとかPEを使用した近距離戦が、
SVスプールを使うとリョウガ1016HLでも可能ってワケ。

…注文ケテーイ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

あ。
この話の後に少々ジリオン談義になったんですが、
以前出てたジリオン7.3リミテッドのスプール、
お話ししたダイワマンの方も太鼓判でした(嬉)
北米モデルのType-Rのスプールも同じ物との事なので、
興味ある方はお探しになっても宜しいかと(・ω・)
ちなみに7.3Ltd.のスプール、太糸7gでもピッチングが快適(笑)

後はアレだ。

この時点でこの日の目的は達成されちゃったので、

T3mx

Pe100hl

Pe79

いくつか出品されてたリールをいじってきた。
お約束で我が愛機も混ざってますがお気になさらぬ様。

しばらく同ブースでバスロッドやら他ジャンルやら見た後、
次はアブとテイルウォークのリールいじって来るか!
と意気込んでたら。
今年はこの2社が出展してないのに、
入場3時間後にマップを見てやっと気づいた( ̄▽ ̄;)

この時点で残り2時間ほど。
軽く腹ごしらえをしてからルアーメーカー主体に、
いくつかブースを回って終了となりました。
今年はサクサク回れたなぁと思ったら、
速報値で前年比2割減だったそうで。。。
混みすぎるのも困るけど、なんか複雑な気も。

個人的には楽しめたからイイけど(σ・∀・)σ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

横浜でリールいじってきましたよー【その1】

毎年恒例のフィッシングショー。
関東ではパシフィコ横浜での開催になって久しいですが、
なんだかんだで今年も行ってきましたの。

例によって話はリール中心ですが(笑)、
ここで述べてるのはブログ主の個人的な感想で、
偏りがあるのはご理解いただきたく
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
では、行ってみましょうか。

まず最初に向かったのはシマノブース。

Shimano

ショーの前から新型メタニウムが話題だったし、
やっぱりチェックしときたいじゃないですか(笑)

Antares

Metanium00

昨年のショーでアンタレスに搭載された、
マイクロモジュールギアとSVS∞。
これらの搭載が旧型とは大きく異なる点ですが、
実際にハンドル回してみると、
ギアの滑らかさと回転フィールが素晴らしい。
ボディも170gと軽量だけど全体的にカッチリしてて、
いい意味で握った手にリールの重量を感じる。
パーミングした感触も、
握りすぎず握れなさすぎずちょうど良い。
14〜16lbラインでのジグ打ちの様な近距離戦の釣りには、
アンタレスよりも使い勝手がイイと思う。

Aldebaran

アルデバランBFS-XGは個人的にはちょっと。。。。
やりすぎじゃないかなぁ。
スプールとかパーツは夢屋での対応で、
正直どうにか出来ちゃったんじゃない?

で。

新型のコンクエスト出ないん?って聞いたら、
今年もないそうです(´・ω・`)ショボーン
開発はしてるらしいですが。。。
その代わりと行っちゃ何だけど、
12カルカッタ(含むオシア)触ってきた。

Calcutta

剛性感たっぷりでソリッドな感触がステキでしたな。

「個々の精密部品がカチッと噛合って、しっかり仕事してる器械」

シマノのリールってこんな印象。
ミドルエンド以上のモデルは特にそう感じる。

あら。
この先長くなりそうなので一度ココで区切ります。
続きはまた後ほどヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

生存確認(爆)とちょっとしたお知らせ

気がつけば2ヶ月近く放置ですなΣ(;・∀・)

実は随分昔の右足首の古傷が先々週から急に痛み出して、
現在フツーに歩き回るのもままならない状態でして。
先週アタマに某大学附属病院で診察の後、
来週にMRIでの精密検査の予約を入れたのだけど、
それまで足首が保たず悲鳴をあげた、と。
おかげで検査の結果が出るまで、仕事もお休みの有様orz
(有給が有り余ってて良かったわ。マジで。)
右足首にサポーターを施し、鎮痛剤を飲んでます。
ここ以外がピンピンしてるのが、歯痒いのなんの
(´;ω;`)ウウ・・・

ちゅーこって。
当分の間、釣りはお預けです(´・ω・`)ショボーン

それよりしばらく前。

Slider00

夕マヅメ時の多摩川にちょこっと行って来た際に、
東欧産扁平ヤロウのサルモ・スライダー7Fを投げて来たんですが、
コイツ個人的にはちょいとオモロいと思いました。
ゆっくりリズミカルに動かすとフツーに首を振るのですが、
早いピッチでそれをやると水面下でヒラヒラ首を振ります。

Slider01

リトリーブでも結構確かな手応えで、ヒラヒラ泳いできますね。
ヘタなシャッドよりもヒラ打つんじゃないかな。
魚がうわずってるけど、水面まで出切らない時なんかイイかも。

と、まぁ。
しばらくガマンの日々が続きますが、
次回を気長にお待ちいただければコレ幸いですー(o・ω・)ノ))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

放置ぷれいにも程がある。どひゃ!!(゚ロ゚屮)屮

前回のエントリーから1ヶ月以上空けてしまいましたねぇ(´・ω・`)
この間も釣り行こうとしたら親類の葬儀やら何やら入ってしまって、
肉体的よりも精神的な疲れがあったので、書く気力が急降下してしまいまして。

それでも先日気力を振り絞って(←大袈裟な・笑)、
小一時間ほど購入後まだ投げてなかったブツを投げてきました。

Dc9bullet

DUO・テリフDC-9Bullet

標準のフックでは淡水だと少々ゴッツイと感じたので、
それより小ぶりのST-47TG#6に交換してのインプレもどきです。
(替えたのはフックだけです。念のためお断りしときます)
重心移動を搭載してるおかげで軽く投げても結構な飛距離が出ますね。
66M+モノフィラ12lbで緩く投げて30mは出てましたから。
立ち上がりからしっかり動きます。
ミディアムリトリーブで手応えしっかりの規則正しいローリング。
ファストでも動きは破綻しませんでした。
もっとも当日使ってたリールが、
ギア比低めのアルファス103だったせいもあるでしょうけど。
トゥイッチでもキレイに身を翻らせます。

で。

一応フローティングと謳われてますが、あくまでもSWにおいての話で、
淡水ではSWのフローティングルアーは沈んでしまうこともママあります。

が。

先述にある通り細身でサイズを下げたフックにしたせいか、
コイツは超スローフローティングになりましたね。
大雑把に書くと体感で秒速1cmにもならない程の、
ジワ〜〜〜って感じのじれったいくらいのスローな浮き上がり方でした。
そのくせたいして深く潜らなかったコトを考え合わせると、
流れの中を一定のレンジをキープしつつリトリーブ出来るって印象。

流れのある川筋で打っていく釣りには、向いてるルアーかと思います(・ω・)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

RYOGA1016HL

春先に買ったまま、ナント4ヶ月近く放置…∑(゚∇゚|||)
で、今頃ようやく試投。
例によってピッチングのみの、簡単な感想ですが。

Ryoga01

ビックリしたことに、投げ初めの一投目から好感触。
こんなのはTD-Z103HL Type-R以来(ホントにいいリールだった)。
バイク風に表現すると、パワーバンドが広いというか、
アクセルを開けたら開けた分きちんと前に行く感覚というか。
投げても投げても弾道が以前より確実に低く、
ブレーキで勢いが上手く殺せてるのか、着地もピタッと決まる。
たまたま最初に、いいセッティングが出ちゃったのかもしれませんけど。
シンカーのウェイトを変えても、この傾向は変わらず。

Ryoga02

ジリPEでも低弾道でピタッと落とすことは出来るんだけど、
ちょっとコントロールに気を使う部分がある。
使う時はスプール替えてるせいで確かに性格は変わってるし、
ワタシの技量のせいもあるんでしょうが(苦笑)

あと、パーミングもしっかり握れていい感触だった。

Grip

昨年の横浜のショーで手にした時はそうでもなかったんだけど、
やはり使ってみないと実際のところはどうこう言えませんね。。。
(その時の様子はコチラ)

あー、なんでもっと早く使わなったんだろう。
コレめっちゃイイわー♪

惚れた(はぁと

【参考】
ロッド:St. Croix Legend Elite EC66MH
ライン:ナイロン16lb
シンカー:オフト製シリコンラバーシンカー7g&10g
マグZ:10/20

※上記画像で糸巻量が少なめなのは、
 間に合わせで下巻き用ラインをフルに巻こうとした際に、
 残量が中途半端だったためですのよm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

レアリスバイブ、投げてみた。

結論から言うと、かなーり(・∀・)イイ!

Vibe

使用タックル(下記参照)&総重量(12g・実測値)を考えると、
飛距離は出てるかな
(約30m)
平べったいボディなのに多少の風でも結構真っ直ぐ飛ぶ。
巻くとシェイプ故か、小刻み、だけどハッキリしたアクション。
リトリーブスピードを変えて引いてみたんだけど、
スローでもファストでもきちんと動く。
特筆すべきは超ファストでもアクションが破綻しない。
これはボディバランスがしっかりしてるから出来る芸当。
ヘタなリップレスクランクは思いきり早引きすると斜めに泳ぐけど、
それがないのよね。
この薄いボディを考えると、かなりハイレベルな工作精度とバランスだと思う。

文句なしに一軍決定じゃー(爆)

…あ、メーカーさんにお願い。
1/2ozか5/8ozモデル、作ってください!
おながいしまつm(__)m

■参考までに使用タックル■
ロッド:オールスターP785C
リール:ジリオンPE+7.3リミテッド用スプール
ライン:パワープロ50lb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

ここんとこ流行ってるらしい?アレ

中古で買ってメンテしたまま絶賛放置プレイ中だった、
アルファスType-F103L。
先日ようやっと慣らしのピッチング練習(・ω・;)へ

Alphas01

組み合わせは、66M+12lbナイロン+7gキャストシンカー。
結果から言うと、何なく快適にピッチング出来ますた。
アルファスのマグVの味付けなのか、
投げた時にヌメ〜とした感じで、スルスルとラインが出て行く感触。
以前持ってた150HLも、近い味付けかな(あれはマグZだけど)。

Alphas02

あとTD-ZのType-Rのフィーリングにも似てるかも。
これがジリPEだと、ピシっとキレがイイ感じで、スーッとラインが出て行く。

…ぁあ、言葉で表現するのって難しい(´・ω・`)

でね。
このタックルで7gシンカーを快適にピッチング出来るなら、
ラインを10lbにして5gとか3.5gのシンカーやジグを使ったライトリグ、
なんて余裕なんじゃないかと思い至りましてね。
道具の進歩のおかげでスピニングじゃなきゃ投げられなかった軽いものも、
ベイトタックルでキャスト出来る様になったのは分かります。
でも、それをいちいち大げさに喧伝するのはどうかと思うワケですヨ。
これじゃなきゃとか、どうとか、それっぽい理由をつけて。

ベイトフィネス?…ライトタックルでしょ?

専用と謳われるロッドのスペックを見ても、
上はラインが14lb、ウェイトが10.5〜14gあたり。
これ、今でもあるMLクラスのロッドのそれだよね。
数字だけ見れば、の話かも知れないけど。
別にこの手のロッドならアメ竿にもあるし、
今さらスペシャルで高価な道具をわざわざ出すってのもなぁ。
手持ちのラインナップから上手く流用とか出来ないんでしょうかね?
各社あれだけアホみたいにロッド細分化してるのに┐(´д`)┌ヤレヤレ


リールもそう。
チューンという名目であらゆるところに手を入れないと、
ダイワやシマノ並にならないハイエンドリールなんて、
正直言ってその程度のモノだと個人的には思う。
そこまでして身銭を切って快適性を求めるなら、
初めからスティーズやコンクエスト、アンタAR使っとけば良いだけの話だし。
業界が低迷してる中で無理矢理流れを作ろうって思惑が(あるのかよー知らんが)、
なんか透けて見える感じがする。

前年の大流行が、翌年にはすっかり過去のモノになっているコトもママある。
果たしていつか振り返ったときに、ベイトフィネスと言われるこの流れは、
一体どうなっていることやら。。。

Spiny

(↑66MH+16lbフロロ+5gジグヘッド+スパイニークローラー。
 これで普通にピッチング出来るんだよ?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

ケイテックのモデルIIIも投げてきますたよ( ・ω ・)

Tackle

まぁ、スイングインパクトFAT4.8インチ専用ってコトなので、
やっぱり基本の使い方をするとどんな具合か、
自分の目で確かめておきませんとね。

Model_3

モデルIIIにリグった時に感じる、何とも言えぬ一体感。
実際に目で見たアクションは動きすぎず動かなすぎず、
なんだか生命感があってライブリー。
メーカーのHPにある動画でも動きは見れるけど、
実際に目にすると、艶かしくて動いてて生き物っぽい。

この手のスイムベイトでフックだけリグる場合。
シンカーの追加や位置の調整、
フックを刺す位置が少しずれると泳ぎが偏ったり、なんてコトがある。
しかしモデルIIIはきちんとセンターにリグれる構造で、余計な心配をせずに済む。
これって心理的にも余裕が出てきて、使ってる時の安心感につながると、
使っている最中にそう実感した。

Rigged

いや。
マジで良いわ、コレ。
次は付けるものちょっと替えて遊んでみよう( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

apple BOXの中身 deps DUO DVD FTDF-CUP G.Loomis ima iMac In-Fisherman OEM OSP Twitter あいさつ お出かけ お悔やみ お知らせ お買い物 アニメ・コミック アブ アメルア インプレ? ウェア ウェブログ・ココログ関連 ウグイ エバーグリーン オールドルアー カラー クランクベイト ケイテック コイ コリアフリー シマノ シャッド ジャッカル スイムベイト スピナー スピナーベイト スピニングリール スピニングロッド スプール スプーン スマホ スミス ソフトベイト タックルウェアハウス ダイワ チャイナフリー チャターベイト ツール テイルウォーク デプス デュオ トップウォーター ナマズ ニシネルアーワークス ノリーズ ハゼ ハンドメイド・自作 バズベイト パソコン・インターネット フィッショングショー フィールド探索 フック ブラックバス ブレードベイト ベイトキャスティングリール ベイトキャスティングロッド ベイトフィネス ホロウベイト マナー マルタ ミノー/ジャークベイト メガバス メンテナンス・整備 ヤフオク ライン ラッキークラフト ラバージグ ラパラ リグ リップレスクランク リール リールいぢり ルアー ルアーいぢり ロックフィッシュ ロッド ロッドいぢり 何このDQN? 個人輸入 利根川 回顧録 報告 多摩川 携帯・デジカメ 改造、チューン 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 比較・研究 気象情報 海もイイっ! 海外通販 片倉ダム 環境 直リグ 相模湖 衣替え 趣味 道具 釣り 釣りマンガ 釣行記 雄蛇ヶ池 霞ヶ浦水系