カテゴリー「お出かけ」の記事

2010年10月 3日 (日)

天高く、波高き秋の湖畔(そして撃沈・泣)

はい。
本日も昼ごろからカスミに行ってきました。
例によってスカでございました。

現地に到着してからやけに人出があると思ったら、
本日は土浦で毎年恒例の花火大会があったんですね。
昼間から発射音がドンドン鳴り響いておりました。

オマケに。
先日の雨の影響で冠水冠水、

Flooding01

また冠水。

Flooding02

さらに本湖はビッグウェンズデー(?)。

Waving

上から下まで持っては行きましたが、結局ほとんどの時間はジグ打ちに終始。

Zero_one

しかも持って行ったジグが7gと11gで軽めだったため、
トレーラーをつけてもちょっと濃いめのカバーに潜り難かったという。。。
…あーあ、14gも持って行くんだったorz

水の色はまずまず良かったんだけどなぁ。
16日のオフ会、大丈夫かすら…つД`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

ヘタレ釣行記・後半分

与田浦を後にした我々一行は、とある中華料理店でランチを摂った。
曇りの天気予報に反して朝からドピーカンの中で釣り続けたカラダに、
エアコンの風と出されたお冷やが天国のごとき安堵をもたらす。
ランチも程良い味付けと、多過ぎない品数と適度のボリュームで満足。
(確かこの時に後半は常陸利根川→与田浦アゲインという話に決定でしたか)

続いてアングラーズサイト51に行き、各々物品を補充

今回なぜかワイヤーとジグと水面寄りのプラグしか持ってこなかったので、
ジャカブレードTG12g×3個(σ・∀・)σゲッツ

で、ムファサさんがポパイでお目当てのブツが無かったとのことで、
さらにヅラタ先生のお店にも寄ることに。
ここで特に何か買うワケじゃなかったのだけど、
都内ではなぜか全然見かけないCNR-6を発見。

Cnr6

イキオイでつい3個ほど逝ってしまったり(嬉)

さて。
買い物終了後にショップのすぐ前の常陸利根川の土手で、
どのへんで竿を出すのか小会議。
対岸のややカスミ寄りの水門辺りに決定し、早速現地へ。

到着後は、それぞれが良さげな場所を探し土手沿いに展開。

Walk01

Walk02

Walk03

橋桁付近に陣取った自分は当初バズを投げていたものの、
結構流れが速かったのと目に見える物が少なかったので、
つい先ほど買ったばかりのジャカブレードに替えて、引き倒し始める。
が、数投で1個目を捨て石に挟んでロストし、めげずに2個目を結ぶ。
しばらくするとムファサさんが現れ、小振りながら落花生で一匹ゲットとのこと。
なんてお知らせを聞いたり誰がどこ行ったなんて話してた時。
ジャカブレードに40アップと思われるバスがドゴンと来て、バシャンとサヨナラ。。。
その後ガシガシ投げ倒すも結局2個目もロストして、この場所は終了。

いよいよ最後の場所、昼ごろ釣ってた与田浦某所の対岸へ移動。
考えてみたら、この時点で釣れてないのは自分だけでしてね。。。
突端の沖にブレイクがあり魚が溜まってる(かも知れない)とのアドバイスをいただき、
CNR-6を投げ続けるも反応なし。。。
一方、yoshiakiさんがトップ一発でええ魚を獲っとりました。
しばらくしてムファサさんがお帰りとのことで、残りの時間は3人で過ごしました。
章さんに
「土手沿いにヘラ台があるから、そこから岸沿いにトップ投げてポーズを長めにとると良い」
とアドバイスをいただき、しばらくの間ゾンビバグを投げ続ける。
(この日、一体どんだけアドバイスをもらったのだろう・泣)

が、反応なし(汗

ここまで何もないと、いつも通りの自分のやり方に頼りたくなるもの。
ええ、最後はCNR-6をとにかくライズのある方向に投げ倒しましたとも。
(そのライズがボラだかコイだかバスだかなんて関係ナシに)

そしてほとんど暗くなりかけてきたその時。
小気味よい感触と共に生命感がロッドに伝わってきて。

Bass00

…何とか一匹、30チョイ。良かった、釣れて。

ほどなく日もとっぷり暮れて、ここでタイムアップ。
章さん、yoshiakiさんに何とか釣れた旨をお知らせし、帰途へ。

声をかけていただいたムファサさん、ご一緒したyoshiakiさんと章さん。
こんなヘタレに一日中、親身にアドバイスをいただいてありがとうございました。

今度ご一緒する時は、もうチトなんとかしますわ。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

ヘタレ釣行記・前半分

梅雨明け直後の連休の熱帯夜にエアコンが故障だってばよ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
汗ダランダラン流しながら書いてまーす(v^ー゜)グッタリ!!
で、先週末7月10日の新利根・与田浦釣行ですね。

…そういや、このブログ始めて初の釣行記だ…(・∀・;)

当日の未明3時にムファサさんに自宅近くでピックアップしていただき、
首都高・常磐道経由で少々遠回りしたものの4時半頃に現地着。

Dawn01

そそくさと準備を整え、先行していた章さんとyoshiakiさんにごあいさつ。
聞けば、すでにトップで獲ったとのこと(スゲっ
負けちゃおれんとSSRクランクを結び(すでに自分が見えていない・笑)、
いいですヨと言われたエリアに入れていただきしばらく投げる。

が。

10投ほどでめげますた。。。

ので。

フットボールシェイキーヘッド+スパイニークローラーで、
ミズヒマワリのポケットをちょこちょこ打っていく。

しかし。

今ひとつしっくりこなかったので、
ecoゼロワンジグ7g+カクータスに替えて、水門に続く狭浅の水路を狙う。

Cacoo

当初はフツーにボトムの落として使ってたのだが反応がないので、
本来の使い方である水面シェイキングを敢行。
半信半疑(←トコトン疑い深い・呆)でシェイクしてると、
なんと20センチほどのギルが水面ジャンプの猛アタック。
コレを見て俄然やる気になるブログ主(←なんちゅう現金な・爆)。
しばらく続けてると水面が割れ、目測45はあろうかというモスバックがアタック!
一瞬重みを感じたが、焦ってアワセ損ねる(←アホ)
ある程度時間を置いて休ませた後もそこで粘り、
再度同じバスと思われるアタックがあったものの、
同じ轍を踏む(←ただのヘタレ)。
その後は小移動を繰り返したものの、ラッキークラフトのクランクが釣れたのみ。

Doe

しばらくした後、陽も高くなり与田浦へ移動。
このエリアを釣り込んでいるムファサさんにレクチャーしていただくものの、
今ひとつ自分の中でピンと来ないせいもあったのか反応なし。
が。
彼はそんな自分の目の前で、レクチャー通りにしっかりアベレージサイズ2尾ゲット。

Mufaget

もう、サスガとしか。
…すいません、ヘタレで(号泣

しばらく小移動して粘るもののお昼時となり、前半戦終了。
はたして、この後はどうなることやら。。。

後半へ続く(・ω・)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

大自然には逆らえません。

本日カスミ某所へ行って来ました、が。
前回の水郷に続き、時間の経過と共に激しくなる強風の前に玉砕(;´Д⊂

10032000

加えてプロズバイブ×2、ラトリンラップ×2、ベイルーフSV-80とバラボーマー各1個
リップラップの餌食となり殉職というオチまで付く始末(ノ∀`) アチャー

10032001

10年以上前にリップレスベイト4個を含む8個を利根川でロストして以来の快挙(≧∇≦)ノシ!

…笑えねーっつーのヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

一度お祓いに行った方がいいかも知れん、マジで(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

2010年、一発目

2/26(金)、利根川の佐原近辺に出撃してきました。

Tackle

一発勝負の時節柄、持って行ったのはリップレスクランクを10個ほど。
気温はまずまず高かったので、行けるかなと思ったのが大間違い。

Windy000

釣り始めてから電車が運転を見合わせるほどの強風が吹き荒れ、
曇りベースで雨も小降りだったり、時折やや強く降ったり、
気まぐれに止んだりとめまぐるしく変わるコンディション。

Windy00

キャストした途端に強い逆風が吹いてバックラッシュなんて、一体何年ぶりだ?
風裏がほとんどない状態で場所を変えても投げ方を変えても、
とにかく風にルアーが流されちゃって全然ダメ。

Windy01

終いに冷たい北寄りの風が出て来たところで意気消沈して、ギブアップ。
5ヶ月ぶりの水郷はちょいと辛かったですな。。。

収穫はデュエルのT6フロロはかなり使えるのが分かったくらいか。
また来月末の満月時期にリベンジの予定( ̄▽ ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

フィッシングショー放言記(?)・第2部

あら、間が空いちゃいましたね。
何事もなかったように続けて行きましょう(笑)

シマノの次はピュアフィッシングのブースで、
アブガルシアのニューモデルを物色。
(フルーガーはコイツのOEMなのでスルーしといた)
なんだけど。

10021349

クランキンモデルとかジギングモデルとか、
レボエリの派生モデル中心でここも目新しさなし。
展示見本というのを割り引いても、回した時の感触は良くもなく悪くもなく。
スプールもハンドルも確かに良く回るんだけど、「軽い」印象しか残らない。
シマノやダイワのミドル〜ハイエンド使ってきた経験からしたら、
この軽さが怖くて使う気になれないと言うか。
感度優先の軽い作りの日本製バスロッドが怖くて使えないのと同質。
コンセプトモデルも展示してあったけど、こっちは丸形だし。

10021350

結局何がしたいん?

さて。
お次はグローブライド(DAIWA)。
まずは今回の目玉のひとつ、DAIWA-Z。

10021328

実物は言われてたほどカッコ悪くもなく、単体でもさほど重く感じなかった。
回すとシルキーで、さすがリアルフォー、カッチリしっかりのスムースネス。
パーミングするとやはりロープロ、違和感なくスッと握れる。
個人的には、より低く収まる握り具合で、
ジリオンPEよりパーミングの感触はこちらのが良いかも。
ただ、マグフォース3Dはあまり必要性を感じない。
RYOGAに搭載の20段マグZで、実釣において不自由はないと思う。
あと、左ハンドル発売の予定は全くないと担当者が断言してた。
しつこく聞いたからホントだと思うけど、左が同時発売なら食指が動いたのに。
ブレーキといい右ハンドルモデルのみの設定といい、惜し過ぎる(笑)

続けて、もうひとつの目玉のRYOGA1000番。

10021335

2000番のダウンサイズモデルだけに、コンパクトさがパッと見ても分かる。
しっかり手に収まるし、パーミングの感触もなかなか良かった。
が、コンパクトな割にサムレストとの高低差が大きいのか、
ピッチングにはクラッチの位置がちょっと低い感じがした。

10021337

ラインキャパも手持ちのリールと被るし、今のところは必要ないか。。。
またしても、実に惜しい(苦笑)

お次は最近流行りのベイトフィネスのきっかけとなった(のか?)Pixyの後継機種、
PX68(今思うとなんかそのままのネーミングだわ・笑)。

10021340

実はあまり気にかけてなかったので何気に触って、ちょいビックリ。
リアルフォーじゃないけどシルキーで、筐体もカッチリしてるし。
特にどこかがスゴいってワケじゃないとは思うんだけど、
いじってて何だか一番魅かれたのがコイツ。
今回いじったリールで唯一、「欲しいかも」って思った存在。

10021344


今年は時間が限られてたのでベイトリールに絞ったけど、大きな目玉が不在だった。
DAIWAはリアルフォー、シマノはDCを中心に据えていたのも去年と一緒だし。
新製品も派生モデルとかマイナーチェンジの延長線って印象でした。
入場者も昨年よりは多かったそうだけど、それでも一時に較べると空いてるな、と。
そう考えるとフィッシングショーって、
本当に釣りが好きな人だけが来るイベントになりつつあるのかも。
もしそうなら、この催しがモーターショーみたいに、
もっと地に足の着いたイベントになってくれればいいかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

フィッシングショー放言記(?)・第1部

少々間が開いてしまいましたが、ボチボチ行ってみましょうか。
今年のフィッシングショー当日(2/13)は雪だったにもかかわらず、
思ったより来場者は多かった印象でした。
それでも一時のブームよりは、遥かにすいてましたけど(哀)

出がけのアクシデントもあって、予定の10時より30分ほど遅れて到着。
入場するや否や今回唯一の外せないイベント、
ヒロ内藤さんのセミナーを聴くべくオフトのブースへ。

10021301

今年のルアーの話はスピナベとペンシルポッパーでしたね(詳細は割愛)。
聴き終わった途端に、ブーヤのパイキーを買う気になってた自分。 ← 影響されすぎ(爆)
終了後に展示物を見ようとブースの入口付近に行き、
何やら背後で聞いたことある声がしたのでふと振り向けば。
なんと、当ブログに度々コメントをいただくマイミク(笑)のバッス吉さんが!
そういえば、昨年はフォルテさんと私と一緒に来ましたね。
しばらくぶりのご挨拶に加えしばしコトバを交わした後、
別のマイミクさんとご一緒だったこともあり、その場でお別れしました。

当日は他にも予定があったせいであまり長居出来なかったので、
大半の時間をベイトキャスティングリールいじりに費やしました。
国産ロッドも触れはしましたが、正直コレと言った感想は持ち得ませんでしたね。
どいつもこいつも軽いだけで折れそうだし、ガイドフット部分の造作なんか、
とても数万円するロッドのそれじゃなかったのは相変わらず。
スレッドをケチってフットの根元丸見えで、樹脂を盛ってくっつけてる様なの大杉。
もっとヒドいと、樹脂すらケチってフットとスレッドの間に隙間があったり。。。
こういう細かい部分においてさえ、アメリカンロッドの方がまず安心。
どの価格帯のロッドでも、まずこの部分はしっかり作ってありますから。
(あくまで私の経験則ですが。どんなものにも個体差はありますけれど)

おっと、脱線。

まず最初に触ったのはシマノのリール群。

10021312

新しいカルコンDCを前面に出してたけど、新鮮味がなかったなぁ。
いいリールだとは思うんだけど、実売4万円前後なら購入を考えるかな。
個人的にブースの人集りを見たところでは、
スコ1000XTの方が注目されてた感じがした。

10021313

シマノのミドルグレードは、昨年の1500XTもそうだけど、ホントいいね。
回転の滑らかさ、全体のカッチリした感じ、値段。
このバランスがスゴくイイと思う。コスパは圧倒的にナンバーワンじゃないかな。
まさに
“キラーリール”って言うコトバ(ってあったっけ?)がしっくり来る。
そこを踏まえて言うと、アメニスタは正直いらないと思う。

10021314

もう少し頑張れば、XT買えちゃう様な価格設定だし。。。
アルデバランは出来の良いTD-Zって感じ。

10021315

元TD-Zユーザーとしては、特に軽い以外の感想はございません(笑)
メタMgDCは位置づけが宙ぶらりんで、さほど魅力を感じないかな。

10021316

DCブレーキがマグフォースみたくどのグレードにも搭載されてるなら、
重さとかボディ形状で選ぶコトはあるだろうけどね。
SVSのメタMgもあるのにDCモデルも併売って、却ってユーザーを混乱させてないか?
最近のシマノのベイトキャスティングは、出るモデルが被りすぎだと思う。

ちなみに、他のDC搭載リールとコンクはいじってません。
コンクの良さは体感してるし、他の既存モデルも以前と変わってないですし。

あら。
ちょいと長くなりましたので、続きはまた後日(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

2010年個人的Best of the Show

主要3メーカーのめぼしいモデルは全部いじってきたが、
各社Newリールの中でサイズとか重さとか操作感のバランスが良く取れてる感じ。

Px68l

…もっとこういうリール増やしてよ。
グローブライド(DAIWA)さん、お願いしまつ( ̄▽ ̄)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

ほぼ毎年恒例の行事

明日の朝から行って来まつ( ・ω・ )/

Ticket

当日の模様は後日ここで晒しますので、しばしお待ちを(・∀・)
あー、会場の目の前は海だし、寒さがハンパじゃないだろうなぁ。
でね。
コレの後に歯医者と実家にも行くんだけど…

いやはや。
とても長〜〜い一日になりそうだわ(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

apple | BOXの中身 | deps | DUO | DVD | FTDF-CUP | G.Loomis | ima | iMac | In-Fisherman | OEM | OSP | Twitter | あいさつ | お出かけ | お悔やみ | お知らせ | お買い物 | アニメ・コミック | アブ | アメルア | インプレ? | ウェア | ウェブログ・ココログ関連 | ウグイ | エバーグリーン | オールドルアー | カラー | クランクベイト | ケイテック | コイ | コリアフリー | シマノ | シャッド | ジャッカル | スイムベイト | スピナー | スピナーベイト | スピニングリール | スピニングロッド | スプール | スプーン | スマホ | スミス | ソフトベイト | タックルウェアハウス | ダイワ | チャイナフリー | チャターベイト | ツール | テイルウォーク | デプス | デュオ | トップウォーター | ナマズ | ニシネルアーワークス | ノリーズ | ハゼ | ハンドメイド・自作 | バズベイト | パソコン・インターネット | フィッショングショー | フィールド探索 | フック | ブラックバス | ブレードベイト | ベイトキャスティングリール | ベイトキャスティングロッド | ベイトフィネス | ホロウベイト | マナー | マルタ | ミノー/ジャークベイト | メガバス | メンテナンス・整備 | ヤフオク | ライン | ラッキークラフト | ラバージグ | ラパラ | リグ | リップレスクランク | リール | リールいぢり | ルアー | ルアーいぢり | ロックフィッシュ | ロッド | ロッドいぢり | 何このDQN? | 個人輸入 | 利根川 | 回顧録 | 報告 | 多摩川 | 携帯・デジカメ | 改造、チューン | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 比較・研究 | 気象情報 | 海もイイっ! | 海外通販 | 片倉ダム | 環境 | 直リグ | 相模湖 | 衣替え | 趣味 | 道具 | 釣り | 釣りマンガ | 釣行記 | 雄蛇ヶ池 | 霞ヶ浦水系