カテゴリー「ベイトフィネス」の記事

2013年3月26日 (火)

横浜でリールいじってきましたよー【その2】

Daiwa

続いて向かったのはダイワ(グローブライド)のブース。

ブラッシュアップやバリエの展開中心だったせいもあり、
リールそのものを差し置いて注目してたのがコレ。

Svspool

SVスプール。

T3AIRに標準装備のハーフキャパのスプール。

T3air

優秀なブレーキと裏腹の強度がネックとなって、
頑丈なギアやボディを持つリール自体の強靭さを、
まるで活かせてない矛盾の元凶となってますね。
(実際14lb超の太糸やPEは使用禁止とメーカーが公言)

SVスプールが同じ狙いなのは理解できたのだけど、
強度が気になってダイワマンの方にお聞きすると、
リョウガの標準スプールと同等を確保してるそうで。
つまり軽いリグでの16lbフロロとかPEを使用した近距離戦が、
SVスプールを使うとリョウガ1016HLでも可能ってワケ。

…注文ケテーイ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

あ。
この話の後に少々ジリオン談義になったんですが、
以前出てたジリオン7.3リミテッドのスプール、
お話ししたダイワマンの方も太鼓判でした(嬉)
北米モデルのType-Rのスプールも同じ物との事なので、
興味ある方はお探しになっても宜しいかと(・ω・)
ちなみに7.3Ltd.のスプール、太糸7gでもピッチングが快適(笑)

後はアレだ。

この時点でこの日の目的は達成されちゃったので、

T3mx

Pe100hl

Pe79

いくつか出品されてたリールをいじってきた。
お約束で我が愛機も混ざってますがお気になさらぬ様。

しばらく同ブースでバスロッドやら他ジャンルやら見た後、
次はアブとテイルウォークのリールいじって来るか!
と意気込んでたら。
今年はこの2社が出展してないのに、
入場3時間後にマップを見てやっと気づいた( ̄▽ ̄;)

この時点で残り2時間ほど。
軽く腹ごしらえをしてからルアーメーカー主体に、
いくつかブースを回って終了となりました。
今年はサクサク回れたなぁと思ったら、
速報値で前年比2割減だったそうで。。。
混みすぎるのも困るけど、なんか複雑な気も。

個人的には楽しめたからイイけど(σ・∀・)σ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

横浜でリールいじってきましたよー【その1】

毎年恒例のフィッシングショー。
関東ではパシフィコ横浜での開催になって久しいですが、
なんだかんだで今年も行ってきましたの。

例によって話はリール中心ですが(笑)、
ここで述べてるのはブログ主の個人的な感想で、
偏りがあるのはご理解いただきたく
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
では、行ってみましょうか。

まず最初に向かったのはシマノブース。

Shimano

ショーの前から新型メタニウムが話題だったし、
やっぱりチェックしときたいじゃないですか(笑)

Antares

Metanium00

昨年のショーでアンタレスに搭載された、
マイクロモジュールギアとSVS∞。
これらの搭載が旧型とは大きく異なる点ですが、
実際にハンドル回してみると、
ギアの滑らかさと回転フィールが素晴らしい。
ボディも170gと軽量だけど全体的にカッチリしてて、
いい意味で握った手にリールの重量を感じる。
パーミングした感触も、
握りすぎず握れなさすぎずちょうど良い。
14〜16lbラインでのジグ打ちの様な近距離戦の釣りには、
アンタレスよりも使い勝手がイイと思う。

Aldebaran

アルデバランBFS-XGは個人的にはちょっと。。。。
やりすぎじゃないかなぁ。
スプールとかパーツは夢屋での対応で、
正直どうにか出来ちゃったんじゃない?

で。

新型のコンクエスト出ないん?って聞いたら、
今年もないそうです(´・ω・`)ショボーン
開発はしてるらしいですが。。。
その代わりと行っちゃ何だけど、
12カルカッタ(含むオシア)触ってきた。

Calcutta

剛性感たっぷりでソリッドな感触がステキでしたな。

「個々の精密部品がカチッと噛合って、しっかり仕事してる器械」

シマノのリールってこんな印象。
ミドルエンド以上のモデルは特にそう感じる。

あら。
この先長くなりそうなので一度ココで区切ります。
続きはまた後ほどヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

ここんとこ流行ってるらしい?アレ

中古で買ってメンテしたまま絶賛放置プレイ中だった、
アルファスType-F103L。
先日ようやっと慣らしのピッチング練習(・ω・;)へ

Alphas01

組み合わせは、66M+12lbナイロン+7gキャストシンカー。
結果から言うと、何なく快適にピッチング出来ますた。
アルファスのマグVの味付けなのか、
投げた時にヌメ〜とした感じで、スルスルとラインが出て行く感触。
以前持ってた150HLも、近い味付けかな(あれはマグZだけど)。

Alphas02

あとTD-ZのType-Rのフィーリングにも似てるかも。
これがジリPEだと、ピシっとキレがイイ感じで、スーッとラインが出て行く。

…ぁあ、言葉で表現するのって難しい(´・ω・`)

でね。
このタックルで7gシンカーを快適にピッチング出来るなら、
ラインを10lbにして5gとか3.5gのシンカーやジグを使ったライトリグ、
なんて余裕なんじゃないかと思い至りましてね。
道具の進歩のおかげでスピニングじゃなきゃ投げられなかった軽いものも、
ベイトタックルでキャスト出来る様になったのは分かります。
でも、それをいちいち大げさに喧伝するのはどうかと思うワケですヨ。
これじゃなきゃとか、どうとか、それっぽい理由をつけて。

ベイトフィネス?…ライトタックルでしょ?

専用と謳われるロッドのスペックを見ても、
上はラインが14lb、ウェイトが10.5〜14gあたり。
これ、今でもあるMLクラスのロッドのそれだよね。
数字だけ見れば、の話かも知れないけど。
別にこの手のロッドならアメ竿にもあるし、
今さらスペシャルで高価な道具をわざわざ出すってのもなぁ。
手持ちのラインナップから上手く流用とか出来ないんでしょうかね?
各社あれだけアホみたいにロッド細分化してるのに┐(´д`)┌ヤレヤレ


リールもそう。
チューンという名目であらゆるところに手を入れないと、
ダイワやシマノ並にならないハイエンドリールなんて、
正直言ってその程度のモノだと個人的には思う。
そこまでして身銭を切って快適性を求めるなら、
初めからスティーズやコンクエスト、アンタAR使っとけば良いだけの話だし。
業界が低迷してる中で無理矢理流れを作ろうって思惑が(あるのかよー知らんが)、
なんか透けて見える感じがする。

前年の大流行が、翌年にはすっかり過去のモノになっているコトもママある。
果たしていつか振り返ったときに、ベイトフィネスと言われるこの流れは、
一体どうなっていることやら。。。

Spiny

(↑66MH+16lbフロロ+5gジグヘッド+スパイニークローラー。
 これで普通にピッチング出来るんだよ?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

apple BOXの中身 deps DUO DVD FTDF-CUP G.Loomis ima iMac In-Fisherman OEM OSP Twitter あいさつ お出かけ お悔やみ お知らせ お買い物 アニメ・コミック アブ アメルア インプレ? ウェア ウェブログ・ココログ関連 ウグイ エバーグリーン オールドルアー カラー クランクベイト ケイテック コイ コリアフリー シマノ シャッド ジャッカル スイムベイト スピナー スピナーベイト スピニングリール スピニングロッド スプール スプーン スマホ スミス ソフトベイト タックルウェアハウス ダイワ チャイナフリー チャターベイト ツール テイルウォーク デプス デュオ トップウォーター ナマズ ニシネルアーワークス ノリーズ ハゼ ハンドメイド・自作 バズベイト パソコン・インターネット フィッショングショー フィールド探索 フック ブラックバス ブレードベイト ベイトキャスティングリール ベイトキャスティングロッド ベイトフィネス ホロウベイト マナー マルタ ミノー/ジャークベイト メガバス メンテナンス・整備 ヤフオク ライン ラッキークラフト ラバージグ ラパラ リグ リップレスクランク リール リールいぢり ルアー ルアーいぢり ロックフィッシュ ロッド ロッドいぢり 何このDQN? 個人輸入 利根川 回顧録 報告 多摩川 携帯・デジカメ 改造、チューン 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 比較・研究 気象情報 海もイイっ! 海外通販 片倉ダム 環境 直リグ 相模湖 衣替え 趣味 道具 釣り 釣りマンガ 釣行記 雄蛇ヶ池 霞ヶ浦水系